2005年4月 Archive - Quattro News

Home > Archives > 2005年4月 Archive

2005年4月 Archive

RXT Stage II Kit 5月末発売されます

  • Posted by: Quattro
  • 2005年4月23日 21:44
  • Sea-doo

今年大人気のRXT用のステージ2キットが5月末に発売されます。その中身は以下の通りです。rivacooler.jpgこれにはボーテック製のインタークーラーを純正インタークーラーに追加で取り付けます。

rxtvortec.jpgこれは以前にも紹介させていただいたボーテック製インペラーです。

rs15050_lg.gifリアエキゾーストキットです。まっすぐ後に排気を抜くキットで、逆流防止で一回上にアルミホースで立ち上がっています。

rxp_stg2_pump_parts_lg.gifこれはステージ1キットのもあるポンプウエッジや、スポンソン等のハンドリングキットここにはありませんがフレームアレスターが全部揃ったキットでエンジン出力が25馬力アップしてスピードは5~6キロ最高速が上がるそうです。値段はUSドルで2800ドルです。

ウォータードウ プロジェクト-X 800 YAMAHA 66E

  • Posted by: Quattro
  • 2005年4月22日 22:22
  • YAMAHA

以前にも紹介しているカスタムジェットに搭載されている「ヤマハ800ccの排気バルブ付き(66E)」のエンジンパーツの紹介です。800sjeg.jpgシングルのジェットにヤマハの800ccが乗っかってます。このシリンダーはメッキシリンダーの為、本来ボアアップは難しいのですがウォータードウはスリーブを打ち変えています。

bigbore87mm1_150.jpeg87mmのボアにし、総排気量を927ccにしています。また、アルミの削りだしシリンダーを製作中との事で95mmまでボアを広げる予定だそうです。

800exmanifoldo.jpg
そのシリンダーに合わせてフルウォータージャケットのエキゾーストマニホールドまで製作しています。
かなり本格的に開発をしているようですね・・・

Hydrospace S4スペック

  • Posted by: Quattro
  • 2005年4月17日 16:03
  • Race

hydrospacerialeg3.jpg
Hydrospace S4stroke (NA)
4サイクル SOHC サーモスタット式水冷 バランサー付き 直列2気筒 8バルブ 
最高出力        100PS
総排気量       803cc
ボアxストローク    88 x 66 mm
圧縮比         12,5:1
点火方式       電気式エンジンマネージメントシステム
潤滑方式       ドライサンプ,
オイルタンク容量   3.5L
燃料供給システム  フューエルインジェクション
エキゾースト      チタン合金
始動方式       電気式
燃料タンク       19L    95オクタン
長さ           2298 mm
幅            730 mm
高さ           750 mm
乾燥重量        163 kg
エンジン重量      37 kg
充電出力         150W
バッテリー         16Ah
船体材質         カーボン、タクサリウム、ファイバーグラス
乗船定員 1人
ジェットポンプ      145mm マニュアルチルト付き
フォージットピストン、コンロッド、クランクケース
直接冷却システム
hydrospacerialegs.jpg
Hydrospace S4 HO high output (turbo)
4サイクルSOHC サーモスタット式水冷 バランサー付き 直列2気筒 8バルブ 
最高出力       163PS
総排気量        750cc
ボアxストローク    85 x 66 mm
圧縮比         9:1
過給方式       水冷式インタークーラー付きターボチャージャー
点火方式       電気式エンジンマネージメントシステム
潤滑方式       ドライサンプ,
オイルタンク容量   3.5L
燃料供給システム  フューエルインジェクション
エキゾースト      チタン合金
始動方式       電気式
燃料タンク       19L    95オクタン
長さ           2298 mm
幅            730 mm
高さ           750 mm
乾燥重量        171 kg
充電出力         150W
バッテリー         16Ah
船体材質         カーボン、タクサリウム、ファイバーグラス
乗船定員 1人
ジェットポンプ      155mm マニュアルチルト付き
フォージットピストン、コンロッド、クランクケース
直接冷却システム

Hydrospace S4 正式発表!!

  • Posted by: Quattro
  • 2005年4月16日 17:13
  • Race

machydroride.jpgハイドロスペースに乗るマックルゲージのリアル画像です。
hydrorial.jpg
昨日ヨーロッパで行われたプレス発表の写真です。
全長2298mm,
全幅730mm,
前高750mm,
重さ171Kg
エンジンの重さは37Kg
と言うから驚きです。
このスペックからすると相当良い走りをしそうです。
hydrorialbotom.jpg船体形状はこんな感じです。カーボンハルで出来ているそうです。リアのスポンソンやフロントの張り出し(スプレーガード??)が今までのジェットとはだいぶ違いますね。

hydrospacedeck.jpgこのデッキはリアがだいぶ斜めに盛り上がっておりちょっと乗りにくそうな気がしますが・・バンクさせたときに丁度良い角度になるのでしょうか??

hydrospacegate.jpgこのスコープゲートはどうやって付いているのか?バーが見当たらず羽だけに見えますが・・羽のサイドにバーがありました。そこに取り付けられています。

hydrospacehomp.jpgターボ用の155mmとNA用の145mmの14ベーンセットバックポンプの2種類があります。レースの為に生まれてきたと言うだけあって、ポンプノズル、ステアリングノズル共にリングを交換してより海面に合わせた細かなポンプセッティングが可能になっています。また、マニュアルチルト付きです。

hydrospacerialeg3.jpgこれは100馬力のNAエンジンです。結局このエンジンは軽量化のためオープンループ(直接冷却)方式になっています。

hydrospacerialegs.jpgこれは163馬力のターボエンジンでエンジンの前のでかいアルミのパーツがインタークーラーです。
750cc、2気筒、インタークーラー付きターボで163馬力です。
hs0002B505.jpg
「hs0002B505」とってつけた様なシリアル番号です。これは2月に製作された2番目のハイドロスペースと言う事ですね。世界で5月6日発売で500台販売しIJSBAのレースに出場する為の必要最低限のホモロゲーションを取得しています。

Hydrospace S4本日正式にオーストリアで発表・・

  • Posted by: Quattro
  • 2005年4月15日 21:40
  • Race

firsthydro.jpg本日4月15日オーストリアのホテルでプレス発表される世界初の4サイクルスタンドアップスキーのハイドロスペースです。まだこの時点ではベールに包まれていますがもう時期リアル画像をアップする事が出来そうです。ただ、実際の走りが気になりますよね~

2005 MAC RACING STX 15F Supercherger号

2005macracing.jpg2005年のマックレーシングのSTX-15F-SC号の写真です。日本円で480万円~540万円で販売されています。とても、ジェットスキーの値段とは思えない金額ですが乗ったらこの世の物とは思えないほどの加速をします。

macsceg.jpg
エンジンの写真です。

mac2.jpgマックレーシングのロゴステッカーですが意外とあっさりとしていますね。
今年は、どれくらいの活躍が出来るのか?楽しみですね~

HYDROSPACE S4ターボ

  • Posted by: Quattro
  • 2005年4月 7日 00:18
  • Race

hydrospacelogo.gifマックルゲージが今年から2年契約で乗るハイドロスペースですが最近エンジンの仕様が変更されターボ付きで135馬力仕様の標準スペックが公表されました。多分、S4にはもう少しチューニングをして来る様です。
hydroegpwc.jpg気になる船体重量の大半を占める「MPE750TC」と言うエンジンの重さですが89キロとちょっと重すぎるようです。
hydroeg.gifしかし、このスペックはクローズドループ仕様(間接冷却)ですのでオープンループ仕様のエンジンで出来てきたら56キロになります。これならどうにか今までのジェットに近いスペックになるかな??

SEALEGS

  • Posted by: Quattro
  • 2005年4月 6日 16:55
  • NEW GOODS

selegboat.gif
クアトロが使っているゲレンデは観光地と言うこともあり海浜のルールで車両の乗り入れはで来ません。
よくお客さんと、「ジェットにタイヤが付いて簡単にあげられるようになら無いの?」と本気モードで冗談みたいな会話をします。が世界には面白い物があります。これはボートですがニュージーランドにはタイヤ付きの「SEALEGS」という水陸両用の乗り物です。

Amphibious5.jpeg水上ではタイヤが跳ね上がりプロペラで推進します。がそのまま、陸に上がる時には油圧ドライブを利用してタイヤで自走が可能です。

Amphibious655.jpegこれがシーレッグのレッグ部分(足)のアップです。油圧のホースがイン、アウトと2本回っていますね。発想は結構面白いですしただタイヤが付くだけなら似たような商品は沢山有りますが自走すると言うところが大きなポイントですね。

sealegs_rac_4.jpegジェット推進の物も製作していますね。
この写真とは別の物とかも知れませんがスペックシートによると
全長: 6 metres (19ft 8”)
喫水: 2.3 metres (7ft 6”)
POWERED BY: 140馬力 4気筒 GM Vortec エンジン
Single stage Berkley Jet Pump

船体: 5mm 5083 Aluminium Hull
TOP SPEED (水上): 60km/h (35 knots)
TOP SPEED (陸上) 15km/h (10mph)
この仕組みをジェットスキ-に取り入れることはあまり現実的ではありませんが、ランチャーか何かに付いてくれると便利かなぁ??

Radio Control Yamaha AR230 Wakeboarding Boat

  • Posted by: Quattro
  • 2005年4月 4日 15:25
  • Goods

05_bts_ar230HO_6d.jpegあまり日本ではなじみの薄いヤマハのジェットボートです。4サイクル2基掛けで今年からハイアウトプットモデルの320馬力のモデルも新しく出ました。これは4サイクルマリンジェットFX160のエンジンを2基搭載しています。かなり豪華で形も良いのですが何故か日本のヤマハは販売していません。US$35,000-ですから・・・・

60-4403.jpegこれなら現実に手に入るかもしれません・・ヤマハの「AR230」のウェイクバージョンのラジコンです。スケールも「1/20」。金額も「1/1000」以下で30ドル程度ですし・・・時速50マイルで走りますし・・・

本当に発売されるパワースキー

  • Posted by: Quattro
  • 2005年4月 1日 20:53
  • Jet

power1.jpeg以前にも紹介していますが日本では数年前「ファイトーイッパーツ」で有名になったパワースキーですが、静止画ではどの程度の走りをするのか今ひとつ信じられないし解らなかったのですが最近動画が配信(ちょっとレトロなBGMですが・・)されています。船体の長さはトラックやSUVにはいる大きさで設計して2.54mです。1995年頃の試作機は100台ほど製作されたった25馬力の物でした。ですが今は色々なスポンサーを受けてだいぶ進化して販売されます。

powerskieg.jpgエンジンポンプは韓国製でスペック的には330cc,2ストロークで45馬力、40マイル(約64km/h)と言うから驚きですがさらに360ccや390ccハイスペックモデルも有るようです。細かいエンジンの仕様も全て発表され世界各国のディーラーも募集しており日本はまだ決まっていないようですが・・・ちょっとロイヤリティーが高すぎて中々難しいでしょう・・と思います。本体の価格はアメリカで6,995ドルだそうです・・

Index of all entries

Home > Archives > 2005年4月 Archive

Search
Feeds
link

Return to page top