NEW GOODS Archive - Quattro News

Home > NEW GOODS Archive

NEW GOODS Archive

2012 Jet sports World Final in Lake HAVASU

 今年で31年目のジェットスポーツ世界大会がアリゾナ州レイクハバスで行われています。
恒例ですが現地から写真だけですが速報でお届けします。
  

RXP-X260RS STEERING KIT入荷!!

 昨年10月よりオーダーしていたハンドルキットがやっと入荷しました。数本程度しか入荷しておりませんのでご注文はお早めにお願い致します。

rivarxp2620rssysytem.jpg

純正ハンドルマウントに交換するタイプで、ハンドル取付け角度も変更できます。これでRXP-Xのハンドルバーを交換する事も出来ますので通常のハンドルバーからファットバーまで交換できます。



















アメリカ本国ではこんな人が広告に出ています。
 

 

rs20110_s.jpg元ワールドチャンピオン、クリスマックルゲージも使用しているRIVA製 2012 Sea-doo RXP-X260RS専用ハンドルシステム。
 

RXT-260RS用はもう少し時間がかかるようです。

JETLEV TEST RIDE

ジェットレブ乗って来ました。

想像以上に以上に良く出来ているJETLEV. 実はフロートにもなっているジャケットを着て5点のセーフティーベルトを付けて完全に上半身を固定します。
それから陸上でのレクチャーを受けて、非常に簡単だという説明でしたが・・・・思ったよりシビアな乗り物で・・・・

30分後にはこんな感じです・・・気持ちとしてはもっと飛びたかったのですが、無線リモコンによりエンジン回転制御されてこれくらいしか飛ばさせてもらえませんでした。
もっとも、ファーストライドでいきなりこんなに飛ぶと危険ですから・・・
良い子はマネをしないように・・・

2011 World Final in LAKE HAVASU

現地からアップしています。スマートフォンからの画像も含まれますので
画像が悪いものもあります。
 

KAWASAKI ULTRA300X Speed Limiter Control

間もなく発売開始!!
サトーエンジニアリング様でも紹介されているMonarchが入荷しました。monarch.jpg
カワサキウルトラ300X専用スピードリミッター解除です。
もともと、ウルトラ300XのECUにアメリカと日本仕様には67マイル規制(108Km)スピードリミッターが付いていますが、それを解除するものです。
実測で118Km/h出るとのこと・・・
これで、ウルトラ300Xの本領発揮する事が可能になります。
GW中に購入ご希望のお客様にはリミッター解除した状態で試乗会を行います。
お問い合わせはメール、またはお電話にて・・・

テスト結果は下記から・・・
 

Continue reading

2011 World Final in Lake HAVASU

2010年ジェットスポーツ世界選手権でアリゾナ州はレイクハバスで行われる ワールドファイナルの様子を現地から写真でご紹介。  随時、レース会場からもリアルタイムでアップしていきます。 スマートフォンからなので写真がピンボケ、ブレが激しい見苦しい写真もそのままアップしています。 それ以外のそれなりの写真はハバスのホテルからアップしています。

YAMAHA SHO/FZR/FZS High Performance TWIN PROP

SKAT-TRAKからニューインペラーが新登場!!
twinprop.jpgヤマハSHO/FZシリーズ用のツインプロップ。
 旧知の友人から頂いた情報ですがワールドファイナルや、キングスカップに出場していたニコラスのマシンについていたインペラーで通常のインペラーに半分くらいのサイズのインペラーが付いています。
ハイパフォーマンスエンジン用で、ストックエンジンでは効果が発揮できないとか・・・
近日中に、R&DからプロレースKitにMoTeC M400組み合わせのレースガソリン仕様が発売予定です。
久々に非常に気になるインペラーですね。
 

ULTRA260X

09ultragrbk.jpg1/24スケールのダイキャストミニチュアジェットに2009モデルが6/末に追加されます。

 今年人気モンスターエナジー系カラーのブラック/グリーン。

 

 09ultrablbk.jpg
 

 そして、ブラック/ブルー

 

 


09ultrared.jpg

 

定番カラーで本物も売り切れ寸前のULTRA260Xレッド

入荷次第ここからオーダーできるようにいたします。

 800SX-Rはもう暫くおまちください・・・

Piranha RXP-X,RXT-X new Kits 2008"

  • Posted by: Quattro
  • 2008年6月 9日 21:38
  • NEW GOODS

人気のRXP-X,RXT-X用インジェクター、チタニウムリテーナー、プログラミングECUのキット。
RXPX-RXTX20POWER20KIT20C.jpgAキット~Cキットまで発売中だそうでレブリミッターは8600rpm,ブースト15PSI@8600rpmで出力は280馬力だそうです・・・Piranhaはベルギーのショップです。・・・

PWC専用ガラスコート

  • Posted by: Quattro
  • 2008年6月 7日 20:55
  • NEW GOODS

tpcindex.jpg船体全体をガラス膜で覆ってしまうというコーティング方法です。このガラス膜がマシンにダメージを与える要素を徹底的にブロックし、汚れを寄せ付けず、サビや腐食などが驚くほど低減されます。また船体が汚れてしまった場合でも水洗いだけで落とす事が出来るので、日頃のお手入れが随分と楽になります。なおこのガラス膜は圧倒的な耐久性を有しているので、その効果は長期間にわたって維持されます。

RXT-X,RXP-X Steering System

シードゥーRXP-X,RXT-X用のハンドルシステム。
Xシリーズの特徴でもあるXタイプのパーツと交換するだけで低いハンドルポジションに変更可能です。
re1.jpg元々Xシリーズはベアリング式のUMIのようなしっかりしたハンドルマウントですが、どうしても欧米人向けなのかハンドル位置が高く更にチョッと見た目が貧相な為、このパーツ交換にすると角度以外はUMIとホボ同じ仕様になります。

re2.jpg
ドイツのレースエンジニアリング製でアルミ削りだしで価格もリーズナブルなパーツです。

TBM Spnson Kit for ULTRA250X

TBMからウルトラ250X用スポンソンが発売されました。
tbm_ultra_sponsons_lg.jpegベースプレートが2枚入っており厚みが調整可能でラフウォーター時の安定性が向上しボートを持ち上げ最高速もアップするそうです。
シャークスタイルのスポンソンはコーナリング時の減速を押さえスラルームを速く走り抜けられるそうです。
tbm08ultrasponson.jpg
このメーカーはハンドルマウントやスポンソンも非常に個性的な形が多くて面白いですね。

2008年カワサキTERYX750販売開始

ヤマハライノに続き2008年はカワサキ テリクス750を追加で販売します。
08teryxs.jpg

90度V型4バルブエンジンでボアXストロークは85mmX66mmで総排気量は749ccケイヒンツインキャブCVKR34仕様で44馬力,2人乗りオートマチックで4WDです。今月末には店頭へ入荷しますので興味のある方はクアトロへGO!!

MAX Trailer Ultimateにレッド追加販売!!

2007年、大好評販売中のウルトラ250X専用トレーラー「マックストレーラーアルティメイト」にウルトラ250Xのボディーカラーであるレッドが追加発売されます。ultimatergrorred.jpg以前に紹介した仕様と同様でフレーム本体はスチール製ですが、ステンレスパウダーを配合した焼付け塗装 。装備はストッパー付トレーラージャッキ、マルチタンデムVタワー、マグナムアブソーバー、225ワイドタイヤ、キャリーハンドル、LEDテールランプ、カワサキグリーンレール又はレッド、カワサキグリーンフェンダー又はレッド等など・・本体価格は25万円(税金、諸経費別途)まま基本的にはフェンダー、レールがレッドに変更され6月中旬より販売開始です。

Ultra250Xメッキミラーブロックオフ限定販売!!

今年の人気モデルのカワサキウルトラ250X用ミラーブロックオフ数個のみメッキ仕様で限定販売中!!
ultra250x_mbo.jpg取り付けは両面テープ、シリコンボンドで取り付けるだけでウルトラを更にスタイリッシュに出来ます。

ULTRA 250X JETTRIM

  • Posted by: Quattro
  • 2007年3月21日 22:53
  • NEW GOODS

今年一番の人気のウルトラ250Xですがそのジェットトリムが販売開始です。ultra250xtrimr.jpgこれはオリジナルでオールブラックの生地でステッチをレッドで特注した物です。
解りにくいので通常のブルー、とレッドはこんな感じです。ultratrimred.gifultratrimblye.gif納期はオーダーから約3~4週間です。

ULTRA250X U.M.I STEERING System

カワサキウルトラ250X用U.M.Iのビレットステアリングシステムが発売予定!!
umi_ultra250x_stear.jpg
まだ、日本ではウルトラ250X本体のデリバリーすら開始されていませんが既にアメリカの老舗ハンドルシステムメーカーからニューパーツの発表です。ハンドルポスト自体にベアリングを使用しハンドルのガタつきがありません。値段は98,000円(税別)販売時期は3月~4月の予定です。

防水アクション動画カメラ

  • Posted by: Quattro
  • 2007年2月 1日 14:14
  • NEW GOODS

helmetaccamera.jpg

クアトロではフリースタイルやレース中のライダーの目線で動画が撮影できる「SDカード記録方式MPEG1防水カメラ」を販売中です。小型軽量でヘルメットやジェットにカメラを付けるだけでカメラ本体の32MBのメモリーに記録できます。さらに2GBSDカードにも対応しカードを追加で挿入すれば640X480PixelのVGA画質で約60分間の動画撮影が出来ます。振動に強く防水なのでバレルロールやバックフリップ、レースの練習中でも撮影ができます。(ヘルメットへの固定はボルト等しっかり固定してください)

sjonhelcam.jpgジェット本体やバイクにも取り付け可能!!他にもBMX,MTB,スノーボード等今まで撮れなかった動画が撮影できます。
付属のUSBケーブルで簡単にPCへ取り込めインターネットへアップロードも簡単。更にビデオケーブルも付属し家庭用テレビでも観賞できます。
カメラ本体税込み価格\27,000-(SDカード別売り)近日中にSDカード同梱モデル販売予定

ALL MY Crazy Friend3!!

  • Posted by: Quattro
  • 2006年12月 3日 21:30
  • NEW GOODS

お待たせいたしました~やっと入ってきました!!
5年ぶりに発売されたオールマイクレージーフレンド3 “Live Fast, Die Fat”
all_crazy_friend3sm.jpg

スペイン、インドネシア、ブラジル、オーストラリア、メキシコ、フロリダその他多くのアメリカ国内、で撮影された伝説のビデオの最新版。DVDのみでの発売です。クアトロでは過去の名盤、オールマイクレージーフレンドコレクターズエディション、オールマイクレージーフレンド2も同時販売中!!

SE 800/NERW X-2用ハーフドライチャンバー

  • Posted by: Quattro
  • 2006年11月21日 12:27
  • NEW GOODS

世界中にに大きな影響を与える日本の老舗パーツメーカーであるサトーエンジニアリングから800SX-R/NEW X-2用のハーフドライチャンバーが新たにラインアップに追加されました。se099026.jpg外観上の違いは従来のウェットチャンバーと比較してヘッドパイプは4本ボルトにチャンバーボディーはシリコンカプラーを使用せず、チャンバーコーン先端は二重管になっています。従来のウェットタイプに比べ全体的なトルクアップと高出力がはかれます。完全ドライチャンバーよりメンテナンスが簡単でお勧めです。

Quadski

  • Posted by: Quattro
  • 2006年6月 2日 21:09
  • NEW GOODS

5秒でATVからジェットスキーに変わる「クワッドスキー
quadski1.gif
よくビーチでジェットがそのまま陸上を上がってきてくれたららで良いなぁ~なんてぼやいておられる方に朗報??イギリスから「Aquada」などを手がけたスタッフが今度は、ATVとジェットスキーを融合させた乗り物を発表しました。
aquada.jpgアクアダです。
quadski3.gif横から見ると特にタイヤが良く見えますね。140馬力のエンジンで推進力は当然、ジェットポンプ方式で約72Km/hほど出るとのことです。このモデルはプロトタイプです。走りはこちらの動画からチェックしてください。

quadski4.gif陸上は140Km/h出るとのことでこのメーカーはレスキュー等の緊急対処用や、援助活動に普及させていくとのことです。

Extrememachine from NZ

  • Posted by: Quattro
  • 2006年3月16日 20:42
  • NEW GOODS

extreamx2000.gif新しいジェットメーカーと言うほどのものではないかも知れませんが「エクストリームX2000」「エクストリームXLT2000」という実際に量産販売されているモデルです。extreaminline4.gifニュージーランドにあるこのメーカとしては「パーソナルウォータークラフトのフェラーリ」限られた方々に乗っていただきたいと言うことです。「XLT2000」のエンジンは4サイクルインライン4、ドライサンプ方式の排気量1250ccで175Hpで時速約112Kmで走れるとの事。

extreaminline125.gifこの「X2000」も同じ4サイクルインライン4エンジンですが船体形状が双胴船なのでスピードが時速約144Km出ると言うことです。
extreameg.gif
しこもこのジェットはキャブレター方式で懐かしのケイヒンCRキャブレターが装着されています。また、写真は入手できませんでしたが、ロータリーエンジンの225馬力仕様もあるとか・・・・ただ、船体デザインが80年代ごろ販売されていたヤンマーのジェット(商品名忘れました)にそっくりですね。古いデザインてことですね・・・・

RIVA Racingから新製品!!

  • Posted by: Quattro
  • 2006年2月 8日 23:49
  • NEW GOODS

RivaRacingより「KAWASAKI STX15F,12F」用レースフード、とレーシングシートが発売されました。
rk5_stxf_cfh1.gifファクリーリバレーシングと全く同じ形状で純正より10パウンド軽量化とエアーインテークを増加させる形状です。丈夫なワンピース構造クイックレリース金具つきです。また、フロントストレージのウォーターバッフル、グローブボックスブロックオフのセット、ファイバーグラスのゲルコート仕上げとの事。

rk5_stxf_cfh.gif
rk5_stx_cfs.gifレーシングシートはエンジンへの空気の流れを計算したデザイン。シートの後方よりエンジンルームに新しい空気を取り入れ、スーパーチャージャー等のパワーフィルターのセットが効果的との事です。シート形状はライダーのコントロールがしやすいように、細くそして高い形になっていてトラクションの高いジェットトリム製「RIVA Racing」ロゴ付。IJSBAではリミテッドスパーストックに準拠。
どう見ても「3DR」にそっくりですね。

DiabloRacing Carbon Hood SeadooGTX SC/RXT

フランスのディアブロレーシングよりシードゥーGTX,RXT用カーボンレーシングフードが発売されました。
diablocarbonfoodu.jpg日本ではほとんどこのマシン専用のパーツは無く、当ショップでもエンジン関係はオーストリアのイージーライダー社のパーツや、ハンドルマウントなどはGSX用をRXTやGTXに良く取り付けてはいますが、このフランスのメーカーは専用でカーボンシートやハンドルマウント、2次冷却ラジエーター等などアメリカでも見かけないような手法のレースパーツを製作しています。カワサキ15F用のパーツもターボをはじめNAエンジンでのパーツもオリジナルで製作しています。

diablocarbonfood.jpg前から見たところですがノーマルの面影はほとんど無く丸いデザインです。両サイドにエアーインテークがついています。エンジンルーム内の温度が非常に高くなるモデルなのでエアーインテークは非常に効果が有りそうですね。耐久レースなんかには良いのでは無いでしょうか・・・

NEW!! SEムーンキャップⅡ ムーンキャップスター

  • Posted by: Quattro
  • 2005年12月16日 19:02
  • NEW GOODS

ガソリンキャップの定番SEのムーンキャップⅡがやっと入荷しました。
色はシルバー、ブラック、レッド、ブルー、とグリーンが復活してカワサキ艇に良く似合います。

純正の形状を継承しながら開閉しやすいデザインです。

斬新な星型デザイン。非常に新しい感じがしますね。

新型X-2につけてみました。イメージチェンジには手軽で良いアイテムだと思います。
定価は据え置きの税込¥6,090-です。お買い物はムーンキャップⅡはこちらから買えます。スターはこちらから・カワサキ用は即納です

Compositec

  • Posted by: Quattro
  • 2005年11月 1日 00:36
  • NEW GOODS

以前にも何度か御紹介しているフランスのコンポシテックより、ハルだけの重さ23Kgと言う超軽量カーボンドライハルが発売中で、日本人にも乗ってもらいたいそうで・・・composiprb.jpg

SelleRXP09.jpeg私はこちらのRXPのシートの方が気になりますね・・・こちらは価格は未定です。

イギリスATPからトータルイグニッションシステム

  • Posted by: Quattro
  • 2005年10月30日 19:59
  • Jet | NEW GOODS

最近のPWC業界は完全にヨーロッパに牽引されてますが、イギリスはクインフォードにある「エアータイムプロダクツ」というフリースタイル系のinletmanifold.jpegパーツメーカーのようで今までも有りそうで無かったヤマハ62T系のエンジンにアダプター無しでシングルキャブにするインテークマニホールドや、カーボンフード、ハンドルポールなどを製作していましたが、今回はトータルロスイグニッションシステムを発売しました。
atp_total_lossbig.jpeg
PCによりフルプログラミングが可能だそうで軽量のアルミフライホイールとピックアップとECUがセット販売されています。
atpflywheelstator.jpeg
レース向き、フリースタイル向きは全て個人個人のセッティングで変更可能との事・・・

Jet Wings Ultra High Performance Sponsons ??

  • Posted by: Quattro
  • 2005年10月28日 20:34
  • NEW GOODS

ジェットウィングハイパフォーマンススポンソン??
ハワイのノースショア辺りのサーフィンレスキュー用に開発された新型のスポンソンです。
レースには使えないですが船体の安定性が増すようで・・
jetwingscloseupmed.jpeg
●小回り可能
●白波にも強い
●波のリップでもコントロールが効く
●引き物を引いている時のコントロールが良い
とのことです・・
湘南辺りでも結構流行りつつあるトゥサーフィン向きのスポンソンですね。

oneshortwing.jpeg
材質はベースはカーボン製フィン部分は交換可能でグラスファイバーだそうです。
クアトロではこの商品は取り扱ってはおりません。紹介しているだけです。
御希望の方は「ジェットウィングハワイ」へ直接どうぞ~

RRP ハンドルポール

  • Posted by: Quattro
  • 2005年10月21日 19:24
  • NEW GOODS

先日もお伝えした元フリースタイルチャンピオン「リックロイ」が販売しているRRPポール
が今年のワールドファイナルで、
「フリースタイルチャンピオン、エリックマローン」
「プロスキークラスチャンピオン、ダスティンモツリス」
「プロスキークラス2位スティーブンダリア」
等などが使用していた事もあり、今後フリースタイル、レースともに主流になりそうですね。rrpproducts.jpgrrpqu.jpg
クアトロにも少量の在庫あります。今後は約2か月先の入荷予定です。

RIVA Racingから新製品!!

Sea-doo4TEC系をチューニングしていった場合、クローズループ方式の冷却をしている為、オーバーサイズの冷却ライン、ダブルクーリングと言った今までの加工冷却方法が取れないのでエンジンのオーバーヒートはエンジン馬力を上げていく上で切っても切れないですがアメリカのリバレーシングより純正サーモスタットハウジングに交換して使用するリプレイスメントサーモスタットが発売になりました。rs1015s.gif安定した冷却効果が望めそうですね。
今まではロータックスレーシングのリプレイスメント(交換)しか方法が無かったのですがこれで一安心・・交換にはOetikerR clamps, OetikerR pliers が必要との事・・

フリースタイルチャンピオンのRick Royからパーツが発売!!

ここの所2006年モデルの発表ラッシュですが、もうすでにJETを持っている方々には今もっているジェットのイメージチェンジ、改造に色々思いを巡らせている事と思います。
元フリースタイルチャンピオン(バレルロールの生みの親)のリックロイプロダクツから新製品が発表になります。現在ヨーロッパチャンピオンのスティーブンダリアも使用しています。
RickRoypolet.jpeg彼は、ずっと旧型~現行のヤマハスーパージェット乗りのイメージが強いですがこの製品はカワサキ800SX-Rについています。しかし、ブッシュなどはスーパージェット用を使う事からどちらにも対応しています。

●原材料は6061 T6 アルミチューブ
●簡単に2インチロング~10インチショートに変更可能。
●現在のステアリングシステムを使用できます。
●オプションでハンドルポールブラケットからエンジンルームへのエアインテークをつけれます。).
●スーパージェット用のチンパッドが必要になります。
2005年のワールドファイナル以降のデリバリー開始です。(11月以降??)
中々ハイブリッドなデザインでカッコ良いしハンドルポールの長さを取り付けたまま変更可能というのも非常に良い製品の予感・・・

R&D Racing New Parts入荷!!

アメリカジェットスキ業界のナンバーワンチューナーが企画設計、テストを行うR&Dレーシングより
KAWASAKI 800SX-R(750系ポンプも使用可能)AFTERBUNER PUMP CORE KITが入荷しました。
161-00801.jpg
これはノーマルポンプに装着する事によりスキャットトラックマグナムポンプと同等の効果を生むコストパーフォーマンスに優れさらにハイパフォーマンス性に優れたパーツです。
取り付けには出来ればノーマルインペラーよりマグナムポンプ用のペラとポンプノズルの加工を推奨いたします。現在即納可能な数は5個までです・・・

NEW RXP ECU Rotax Racing

ロータックスレーシングからRXP専用ニュープログラムECUが5月10日から新発売です。
rotaxracingrxpecu.jpgRXPレーサー専用でIJSBAストッククラスに対応のECUです。(日本のレギュレーションは解りません)ロータックスのフランコデットーリにより設計されたタイミングカーブと8500rpmの回転リミッター、ストックのインタークーラーとのマッチングにより攻撃的な低中速10~15馬力アップします。

SEALEGS

  • Posted by: Quattro
  • 2005年4月 6日 16:55
  • NEW GOODS

selegboat.gif
クアトロが使っているゲレンデは観光地と言うこともあり海浜のルールで車両の乗り入れはで来ません。
よくお客さんと、「ジェットにタイヤが付いて簡単にあげられるようになら無いの?」と本気モードで冗談みたいな会話をします。が世界には面白い物があります。これはボートですがニュージーランドにはタイヤ付きの「SEALEGS」という水陸両用の乗り物です。

Amphibious5.jpeg水上ではタイヤが跳ね上がりプロペラで推進します。がそのまま、陸に上がる時には油圧ドライブを利用してタイヤで自走が可能です。

Amphibious655.jpegこれがシーレッグのレッグ部分(足)のアップです。油圧のホースがイン、アウトと2本回っていますね。発想は結構面白いですしただタイヤが付くだけなら似たような商品は沢山有りますが自走すると言うところが大きなポイントですね。

sealegs_rac_4.jpegジェット推進の物も製作していますね。
この写真とは別の物とかも知れませんがスペックシートによると
全長: 6 metres (19ft 8”)
喫水: 2.3 metres (7ft 6”)
POWERED BY: 140馬力 4気筒 GM Vortec エンジン
Single stage Berkley Jet Pump

船体: 5mm 5083 Aluminium Hull
TOP SPEED (水上): 60km/h (35 knots)
TOP SPEED (陸上) 15km/h (10mph)
この仕組みをジェットスキ-に取り入れることはあまり現実的ではありませんが、ランチャーか何かに付いてくれると便利かなぁ??

R&D製 RXT,RXP用プロシリーズスポンソン

  • Posted by: Quattro
  • 2005年3月18日 00:47
  • NEW GOODS

123-95100.jpeg多くのワールドチャンピオンを排出しているR&Dより今年大人気のRXT用プロシリーズスポンソンが発売されます。このスポンソンは3ポジションの設定が可能でゆっくりのターン、ハイスピードのターンともに思い道理のコースを走る事ができレジャー仕様、レースしようと使い分ける事が出来ます。アメリカの代表的なプロライダー、クリスフィシェティー、ニコラスリウスがテストしたそうです。

KAWASAKI 15F用 スーパーチャージャーキットの紹介

ようやく日本で走らせるスーパーチャージャーキットの公開です。
スーパーチャージャーキットについてはVortec社のタービン、インタークーラーを使用します。
Vortec社で15F用のブラケットも製作されKITの商品化の噂も有ります。
vortecqua.jpgこれが、スーパーチャージャー本体です。330馬力出ているUSカワサキワークスと同タイプです。このスパーチャージャーの許容回転数は65,000rpmですが、ジェットはドライブラインにギアがないためジェットポンプの最高回転が限られる事からエンジン回転数を8000回転以下に設定してスーパーチャージャー本体は約45,000rpmで回しています。ですから、まだ、理論上ではもっと馬力を上げられることになります。Sea-dooのスーパーチャージャーに比べたらかなり大きくて重いですね。これは、後付けの為、エンジンのクランクシャフトについているカップリングにプーリーをつけてスーパーチャージャーを回すタイプです。さすがにSea-dooはメーカー純正で開発しているのでメンテナンスや耐久性、小型化を考慮してクランク軸にリングギアを設けてワンウェイクラッチを経由してタービンを回します。purry.jpgターボのように排圧で回す物ではないので、この、プーリーの大きさや歯車の数がタービンの回転数を決めることになり、さらには過給圧にも関係してきます。Sea-Dooは185馬力から215馬力にメーカー純正でアップする時にクランク軸に有る歯車のギア比を変更して過給圧を上げさらにインタークーラーを装着していました。
vortecint2.jpgこれはやはりカワサキワークスと同じVortec社のインタークーラーです。中にラジエーターのようなコアが入っていますがポンプケースから冷却水を取り入れるタイプの水冷です。大きなパーツはこれくらいで後はVortec社バイパスバルブとパイピング、大容量のインジェクターなどですが一番の問題はECUです。燃料噴射、点火タイミング、回転リミッター等が個人的に製作するにはノウハウ的に非常に難しいところですね。ワークスは三菱電機製でメーカーならではの物で我々には手に入れることは出来ません。
それ以外にマックルゲージボートにはメガサイクルのアジャスタブルカムスプロケットでカムタイミングを変更しているようです。これを使用するとさらに4~5馬力は上がるそうです。ダステインファージングはノーマルだったそうですが・・クアトロもこの辺はノーマルで行きます。
後はMTC製 forgetピストンを使用しています。これはノーマルと全く同形状ですが、高馬力エンジンにも対応できるように強度がアップされています。
これ以外にもこのエンジンパワーを完璧に水面に出力する為にセットバックマグナムポンプなども必要で完全なレジャーユース仕様でもかなりのお金が、かかるマシンになりますね・・・

Index of all entries

Home > NEW GOODS Archive

Search
Feeds
link

Return to page top