KAWASAKI Archive - Quattro News

Home > KAWASAKI Archive

KAWASAKI Archive

2016 World Final in LAKE HAVASU

2015 World final in LAKE HAVASU

2014 KAWASAKI JET SKI LINE UP

 2014年カワサキジェットスキーNEWモデル発表!!

2014_ULTRA310_LX.jpg
PWC初 JETSOUND 搭載 ハンドルでオーディオコントロール可能!
2014_ULTRA310_R.jpg
ULTRA310 R
ステアリング、レーシーなシートを標準装備
2014_ULTRA310_SE.jpg

スタイリッシュなSE
2014_ULTRA310X.jpg
スタンダードなJETSKI
 
2014_ULTRALX_S.jpg
隠れ人気のNAモデル ULTRA LX2014_STX15F.jpg
精悍さを増したSTX 15F


 

Happy Holiday

元ワールドチャンピオンの金森さんからGreeting Cardが届きました。
画像をクリックすると別ウィンドウで開きます。 
Email_v3.jpg

JetSkiが無いのは残念ですが・・・・  最後に金森さんの名前も・・・あります。
ニューモデルに期待しましょう!!

2012 Jet sports World Final in Lake HAVASU

 今年で31年目のジェットスポーツ世界大会がアリゾナ州レイクハバスで行われています。
恒例ですが現地から写真だけですが速報でお届けします。
  

2013 KAWASAKI NEW MODEL発表

  • Posted by: Quattro
  • 2012年9月10日 12:53
  • KAWASAKI

 2013年 カワサキジェットスキー発表されてました。

image_48516.jpgのサムネール画像
image_48519.jpgのサムネール画像のサムネール画像
image_48522.jpg




 

 

2011 World Final in LAKE HAVASU

現地からアップしています。スマートフォンからの画像も含まれますので
画像が悪いものもあります。
 

2011湘南ツーリングⅡ

 

梅雨まっただ中の晴れ間を狙い平日の月曜日に合計11艇,14名によるプチツーリングとカワサキウルトラ300XとシィードゥーRXT260aSの体験試乗をしながら行ってきました。
天気はあまり良くなかったものの、海面はまあまあフラットの為、急遽江の島~城ケ島~「猿島」までの往復となりました。
SeadooRXT260aS,,KAWASAKI ULTRA300X他、全モデル燃料が気になるところですが、無給油で往復できました。
しかし、波の状態や走り方によっては給油が必要と思いますので皆さんは無理をされないように楽しくツーリングしてください。
次回は7月と8月を予定しています。

2011 GOLDEN WEEK

遂にゴールデンウィークが始まりました。
クアトロでもウルトラ300Xのリミッター解除艇の試乗とミニツーリング&BBQを行いました。
 

KAWASAKI ULTRA300Xに試乗された方々はその加速力、最高速の過激さに感激していました・・・

KAWASAKI ULTRA300X Speed Limiter Control

間もなく発売開始!!
サトーエンジニアリング様でも紹介されているMonarchが入荷しました。monarch.jpg
カワサキウルトラ300X専用スピードリミッター解除です。
もともと、ウルトラ300XのECUにアメリカと日本仕様には67マイル規制(108Km)スピードリミッターが付いていますが、それを解除するものです。
実測で118Km/h出るとのこと・・・
これで、ウルトラ300Xの本領発揮する事が可能になります。
GW中に購入ご希望のお客様にはリミッター解除した状態で試乗会を行います。
お問い合わせはメール、またはお電話にて・・・

テスト結果は下記から・・・
 

Continue reading

2011 KAWASAKI ULTRA300X

カワサキウルトラ300X入荷しました。
今ならゴールデンウィークまでに間に合います・・・
近日、江の島ゲレンデにて試乗会開催予定・・・詳しくは店頭、またはこちらまで・・・
IMG_8263.jpgIMG_8264.jpgUltra300_LIME.jpg

 

湘南合同中古艇フェアー、ウルトラ300Xシードゥー試乗会延期のお知らせ

3月11日に発生いたしました東北地方太平洋地震の被害に遭われました皆様には心よりお見舞い申し上げます。
3月13日開催予定の湘南合同中古艇フェアーおよび2011年モデル試乗会開催を一週間順延することとなりました。
2011_3_13Event.jpg  
 楽しみにされていた方もいらっしゃられる事とは思いますが、なにとぞご理解いただけますよう
よろしくお願いいたします。

変更開催日時
3月20日(日) 10:00~15:00

2011 KAWASAKI ULTRA 300X TEST RIDE

  • Posted by: Quattro
  • 2011年3月 7日 17:32
  • KAWASAKI

2011 カワサキ ウルトラ 300Xの一般試乗会が3月13日に相模川で行われます。
湘南合同中古艇フェアの追加イベントとしてSeadoo GTi,RXT260aSと合わせて
3艇乗れますので海技免状と濡れて良い恰好でお待ちいたしております。
2011_3_13Event.jpg 

2011 international Boat Show inYOKOHAMA

2011 ジャパンインターナショナルボートショー 横浜」が開催中です。

 クアトロもカワサキ、シードゥー、ヤマハの各ブースでお客様をお待ちいたしております・・
 

2011湘南合同中古艇フェアー

ジャパンインターナショナルボートショー翌週の3/13日一日限定の中古艇フェアーを行います。
場所はジェットフィールド湘南さんです。
2011_3_13Event.jpg
クアトロも出店させて頂きます。
現地でご成約を頂きますと、多数の特典が付いてきます。
ありそうでなかった、初の試みですので皆さんも気軽にお立ち寄りください。
クアトロからの出店予定のジェットはこちらから。
更に、2011 年モデルSea-doo GTi,RXT aS260RSの試乗もできます。
試乗ご希望の方はウェット、ドライスーツ、海技免状もお忘れなく・・・
 

from KAWASAKI USA!!

  • Posted by: Quattro
  • 2010年12月19日 01:15
  • KAWASAKI

 Email_v3.jpg

元ワールドチャンピオンMinoru Kanamoriさんからグリーティングメッセージが届きました。
金森稔さんは言わずと知れたカワサキ開発ライダーであり、日本人初の2年連続、プロクラス世界チャンピオンでもあります。
今年もお世話になりました。

 

 

2010 KAZE 宮古島耐久レース

  • Posted by: Quattro
  • 2010年11月28日 19:08
  • KAWASAKI | Race

毎年恒例の「KAZE宮古島耐久レース」が行われました。
クアトロのお客さんも計3艇、と宮古在住のお客さんも含めると4艇、ライダー8名ピット関係者約16人が出場しました。
 

成績はそれなりですが・・・みなさん、暖かくてきれいな海で楽しみながら今年最後の締めくくりになりました。

2011 KAWASAKI ULTRA300X/LX TEST RIDE in OKINAWA

2011カワサキウルトラ300Xの試乗会に参加してきました。
沖縄県那覇にある泊港から船で20分の無人島「ながんぬ島」で試乗しました。
この島の事は今度ゆっくりアップします。


で肝心の「2011カワサキウルトラ300X」のレポートですが、簡単に言って速い。
これが今まで乗ってきたジェットの中でもハンドリング、最高速、波の走破性全て
において、完成度が高いです。非常に高い次元で完成させています。
走りについては完成度が高いですが、レジャーユースには本当にこのスピードが
必要なのか?って疑問に思うほどです。
今までのモデルの、カワサキウルトラ250/260のウィークポイントを極限まで解消
しています。
2010モデルまでのウルトラ250X/260Xでは高速走行時のステアリング操作が重く
かなりの力を使って操作しなければならなかったのですが、このこのウルトラ300X
ではノズル径と長さでハンドリング操作を軽い仕様に改良されていて、その結果、
楽なハンドリング操作のわりにコーナリング中の横Gが大きくてびっくりするほど
吹っ飛びそうになります。
また、以前のモデルでもよく言われたことですが、潮をかぶる事は、チルトノズルの
調整でユーザーが波に合わせて調整できますし、
燃費の問題はECOモードで対応してノーマルモードから15パーセントの燃費向上
させています。
具体的には、フルパワー時でも60Km/h一定で走った場合、ULTRA260Xより
燃料消費量が少なくさらにエコノミーモード時は更に燃料消費が少ないとのことです。

ULTRA260X/LX1.7Km/L
ULTRA300X/LX FULL POWER2.04Km/L
ULTRA300X/LX ECOMODE2.27Km/L

この辺りはパワーとハンドリングを考えるとこの仕様で行くしかないでしょう。
また、ダイリューション対策としてオイルクーラーを大型化してオイル側の
サーモスタットを追加し123℃とシリンダーウォータージャケットを20mmに変更した。
走りと燃費、メンテナンス性を大幅に向上させた、スーパーランナバウトの完成です。
ここは、カワサキ技術者の努力の結果であると思います。
値段もそれほど高くはならないようで・・・・
問題は、来年の発売時期が遅い更に台数が少ないということだけですね。


 

ULTRA300X

2011ULTRA300X.jpgULTRA300Xについて問い合わせが多いので簡単に解っている事だけ説明させていただきます。
船艇形状は変更はありません。しかし、各部分の見直しにより若干の軽量化をしています。
エンジン本体については高出力、高過給圧に対応してシリンダーからULTRA260Xとは変更されています。
軽量化の一環かインテークマニホールドもプラスティックに変更。
前出の通り、スパーチャージャーは2葉式の小倉クラッチから3葉式のEATON社に変更され、過給圧を上げています。
ウィークポイントであるスーパーチャージャーベルトのメンテナンスはスプリング式でメンテナンスフリー。
また、ウルトラ250X/260Xで起きていたオイルが希釈するダイリューション対策としてオイル側にサーモスタットを追加しています。
ジェットポンプの口径を155mmから160mmに変更することで大出力エンジンのパワーを無駄にすることなく効率化しています。
またポンプノズルには水面の状況に合わせて走りを変えることができる、電動式のトリムシステムが装着されています。
クアトロでツーリングメインのお客様に聞かれるのが、燃費です。
基本的に300馬力になって燃費が良いわけはありません。しかし、ECOモードで走る限りはULTRA250/260と遜色ない とのことです。
エコモードで走る限り航続距離はウルトラ250X/260Xと変わらないとのことです
また、このモデルからECOモード以外にECOゾーンというエコを意識したユーザーが意識して燃料消費を抑えた走りができるようにメーター上にECOゾーンが表示されます。
ここまで進化して日本での価格が気になるところですね・・・こればかりはクアトロには解りません・・・発売時期が4月末~5月初旬で台数が少なめ・・・ということしか・・・

2011 World Final in Lake HAVASU

2010年ジェットスポーツ世界選手権でアリゾナ州はレイクハバスで行われる ワールドファイナルの様子を現地から写真でご紹介。  随時、レース会場からもリアルタイムでアップしていきます。 スマートフォンからなので写真がピンボケ、ブレが激しい見苦しい写真もそのままアップしています。 それ以外のそれなりの写真はハバスのホテルからアップしています。

2011 KAWASAKI ULTRA 300X

 
ultra300gps.jpg ultra300gps.jpg 

Ultra300Xs.jpg解禁!! 2011年モデル カワサキ ウルトラ 300Xの発表です。基本的には1500ccDOHCインライン4エンジンで最大出力は300馬力となります。
ultra300Xreds.jpg外観上はアッパハッチの変更とエコモードやクルーズコントロールなどのスイッチ類が今までの260Xとは違うところです。
Eaton_Twin_Vortices_Series_Roots_Superchargers.jpg





スーパーチャージャーはアメリカのETON社製の物に変更されます。
これは、今まで通りルーツ型ですが従来の小倉クラッチ製のマユ型2葉式からETON社製の3葉式60度ツイストローブにすることで空気の吐出のムラを無くしスムーズに加給できるようにしました。
これはスーパーチャージャーの音も低減されsupercharger.jpgるようです。










ULTRA260Xと比較して、スーパーチャージャー以外での変更点は電子スロットルバルブシステムを採用し、ECOモードとクルーズコントロール、が追加されています。
これにより、ウルトラの最大のウィークポイントである、燃費の問題も軽減できそうです。
また、エレクトリックトリムシステムと多くのレース艇にも使われているような160mmの大型化されたジェットポンプ(8ベーン)が300馬力のパワーを無駄にすることなく、丈夫で軽量化された船体と相まってハンドリングの向上とハイパフォーマンス走行を可能にしています。
また、KAWASAKI ULTRA300LXモデルも発表されました。

2011ULTRA300LXs.jpg
シャンパンゴールドのメタリック塗装と段付シートとGPSを付けたハイエンドモデルです。

 
カワサキのPWC至上、最大馬力、最速仕様のJETSKI早く乗りたいですね・・・

 

2011 KAWASAKI JET SKI

2011JS800SXRS.jpgカワサキジェットスキーの2011年モデル紹介です。
最終型となる800SX-Rのカラーリングです。
今後、環境問題により2サイクルモデルが製造できないという背景もあり、スタンドアップはこれが事実上最終型となります。
グラフィックが非常にカッコよくなって日本でも人気が出そうですね。

2011JS800SXR.jpg エンジンなどの仕様は変更ありません。







以下は共に2011年モデルのSTX-15FとKAWASAKI Ultra LXです。
日本仕様は変更があるかもしれません・・・
2011STX15FS.jpg2011ULTRALXS.jpg
そのほかのPWC史上最高出力モデルの発表はも少し時間がかかるようです・・
 

X-2 1500

  • Posted by: Quattro
  • 2010年7月 2日 13:07
  • Jet | KAWASAKI

15F_X21.jpgボートショーで話題だった、4サイクル4気筒の「KAWASAKI X-2 1500cc」を本日、遂に試乗させて頂きました。
2サイクル2気筒が載っていた、ノーマルの船体を殆ど加工せず、KAWASAKI 15Fのエンジンをスワップ。
エンジンはオイルパンとオイルポンプの変更だけですっきりエンジンルームに収まっています。
エンジンの重さで50Kgほど重くなっているとの事ですが、実際に走らせると、船体の重さを全く感じさせずかえってレスポンスや、トルク感もあり実に良い走りで、前後バランスも良く仕上がっていました。
15F_X-22.jpg浮かべた状態では、かなり喫水が深く大丈夫かな??っ手感じでしたが、乗ったら全く不安感は無くプレーニングし、4サイクル特有のエンジンのトルクも相まって乗りやすい、乗りやすい。結構面白い乗り物に仕上がっていました。コーナリングの水噛みや、マグナムポンプとの愛称も良く軽く100Km/hを超えてました。金額が安く押さえられれば最高に楽しい乗り物ですね。
クアトロ店主は元々スタンドアップ乗りで、あまりX-2には興味が無かったのですが、これは久々に欲しいと思わせられたX-2でした。
マニアなX-2乗りも必ず納得するJETSKIでした。

 

2009 World Final in LAKE HAVASU!!

アメリカはアリゾナ州ェイクハバスで世界中から集まってきたトップライダーのみ出場できるジェットスキー世界大会の様子を今年も現地から報告!!
2010wf.jpg

Continue reading

2010 KAWASAKI JETSKI NEW MODEL

2010カワサキジェットスキーニューモデルの発表です。
カワサキジェットスキー基本的にカラー&グラフィックの変更です。
また、すべて北米仕様の画像ですのでSTX-15F等は日本仕様のカラーになる可能性があります。
ウルトラ260LX
2010ultra260lx.jpg
ウルトラ260X2010ultra260red.jpg
 2010ultra260green.jpg

















ウルトラLX2010ultralx.jpg














STX-15F2010stx15F.jpg

 



2010800SX-R.jpg












800SX-R

Pearsonal WaterCraft JUNE

昨日届いたアメリカの歴史のあるPWC専門誌。
その中に日本を代表する元ワールドチャンピオン金森稔氏の記事が・・
minorukanamori09.jpg
その中の記事は大阪出身でカワサキでモーターサイクルの開発に携わり免許停止処分をきっかけにPWCの開発へ・・・そしてJS300,旧X-2の開発を担当し・・・・・世界で最初に4サイクルスーパーチャージャーを載せてレースに参戦した事が書かれています。
09pwi.jpg
今は奥さんでワールドチャンピオンの絵美さんのコンストラクターで夫婦でRVのストレージ(ガレージ付キャンピングバス)にKX-45FやTERYX等を載せてレイクハバスに来ている様子などが書かれていました。
一番気になるのは12FにSCを載せて走ったことや金森氏が考え製作しているレースボートに新しいアイデアと発想に驚かされるこの写真

pompcap.jpgマグナムポンプ12VANEに3枚のフィン。
ポンプキャップに溶接されている。
効果はどうなのか?気になりますね。

そういえばマニュアルチルトノズルも彼が750SXの時代に世界で最初にレースボートに取り付けて走っていたし、3人乗りのボディーでレースをしたのも彼がほぼ最初であるし、SCのレースボートも実装したのも彼が始めてで、それらの開発パーツが今は当たり前のように使われているものが多い事が彼の開発者としてのレベルの高さだろう。

免許停止でPWCの世界に来て彼は本当に成功した人ですね。

Miniture Jet scale 1/24

hydrobox2.jpg
1/24スケールのミニチュアジェットをボートショー会場で販売します.。
hydro1_24.jpg
 中はこんな感じです。
2 turbine Hydrojpg.jpg
更に船体の裏側もかなり精巧に造っています。

ULTRA250Xの上から見たところでサイズは16cm弱ですね。
ultra250mini.jpg
ラインナップは今のところ
2008年モデルのカワサキULTRA250X,800SX-RとSea-doo RXT,HydroSpace S4です。
ボートショー直後には在庫が無くご迷惑をお掛けいたしましたが、4/4から在庫が復活しました。
2009モデルと800SX-Rは4/末となります。
Ultra-250X-red.jpg
 他のモデルはこの↓をクリック!!
 

Continue reading

First Quarter PWC Sales Drop From PreviousYear

今年はサブプライム問題、燃料費の高騰、とリーマンショックでアメリカ経済は大打撃でした。
これは、ジェットスキー(PWC)のメイン市場のアメリカ4半期マーケット表です。
4半期ですからまだこの後が怖いですが全体的に18%~30%マイナス。
GMやトヨタほどではないものの、自動車業界を横で笑ってみているわけには行きませんね。

 PWC ALL SIZE  First Quarter 2008   First Quarter 2007
 Unit SalesMarket
Share
 Unit
Change
Unit Sales Market ShareUnit Change 
Bomberdier238139.6 -18.1290638.3-1.2
YAMAHA2243 37.3 -19.32781 36.7 7.7
KAWASAKI71511.9 -31.01036 13.7 32.7
HONDA 666 11.1 -20.7 840 11.1 -17.0
Hydrospace 2 - -60.05 0.1 -45.0
 Polaris 1 - -90.9 11 0.1 

それにしても2007年は「Urxtisis_65.jpgLTRA250X」が日本でも良く売れましたがアメリカマーケットでも良く売れたおかげでカワサキのマーケットシェアが上がっています。
しかし、昨年もその前も2008年も-18%でありながらもSea-dooがシェアナンバーワンです。
世界ナンバーワンシェアーを誇るシードゥーさすがです。
来年も話題のSea-doo RXT-iS,GTX-iSシリーズが非常に楽しみですね。
日本発売は5月末~台数限定となりそうとの事・・・

台数に非常に限りがありますのでお早めに~

gtxtis_75.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

KAWASAKI パーソナルウォータークラフト・自主回収 (2008年12月16日届出)

  • Posted by: Quattro
  • 2008年12月19日 13:15
  • KAWASAKI

対象艇をご愛用の皆様には、大変ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが、ダイレクトメール等でご案内させていただきますので、お早めに、最寄りのカワサキ正規取扱店(ARK)へご来店日時をお申し付けいただき、修理(無料)をお受けいただきますようお願い申しあげます。

 対象艇は下記の通り

2003~2004モデルのSTX12F

2004モデルのSTX15F

2000~2003モデルのSTX1100Di

2001モデルのUltra130Di

 

自主回収作業だけであれば1~2時間程度の作業ですの販売店にご連絡の上お持込されることをお勧めいたします。

 

 

燃料フィルタ吐出側のフィッティングと燃料ホースの差込部の緊度が不十分な場合があり、且つホースクランプの締付が不足すると、最悪の場合、エンジン室内にガソリンが噴き出し、火災や爆発事故の原因につながる恐れがあります。

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2008 World Final おまけ・・KAWASAKI TERYX 砂漠ライド

  • Posted by: Quattro
  • 2008年10月18日 14:02
  • KAWASAKI

当店で好評販売中のカワサキ テリクス750 4X4砂漠乗ってきました。
gramis.jpgかねてから一度は体験したかった砂漠ライド。今回は元ワールドチャンピオン金森稔氏のご好意により世界チャンピオン創出メカニック中村貴司氏とグラマスと言うカリフォルニア州立公園で思いっきり砂漠ライドしてきました。
カリフォルニア州南端にあり、もうすぐメキシコと言うとても通常観光客が行くところではないところに位置する、砂漠遊びのメッカ。グラマス。ここはATV,UTVだけでなくモトクロッサー、本物のサンドバギーと何でも自由に走ることが可能です。
とても日本では体験できない広大な自然に出来た砂漠をほぼ自由に走り回れると言う非常にエキサイティングな遊びでした。歩いては上れないところもATVで走っていけるし、ジャンプはビビッて出来なかったものの、貴重な数回の横転も体験し、ATVの特性と限界点を自分なりにはマスターでき非常に貴重な楽しい時間でした。
アメリカ人は夏はジェットなどのマリンスポーツ、秋から春にかけては砂漠や山でATVを乗って遊ぶと言うライフスタイルのようで年配~若いカップルやファミリーが楽しく遊んでいました。
とても日本では考えられないような環境ですが少しでも日本にも遊べるところが増えるとよいですねぇ~

2009 KAWASAKI TERYX 750 FI 4X4

  • Posted by: Quattro
  • 2008年10月 1日 09:26
  • KAWASAKI

サイドバイサイドモデル(Mule)ではかなり古くから販売しているカワサキから、当店でも大変な人気のカワサキテリクス750 4X4ですが、来年モデルからフューエルインジェクション仕様になり性能と信頼性の向上し、更に「モンスターエナジー仕様」も追加されました。
2009Teryx750.jpg
モンスターエナジーのロゴとマークがカッコよいですね。
2009Teryx750_monsters.jpg

1973 KAWASAKI JS400 For Sale???

  • Posted by: Quattro
  • 2008年4月23日 20:46
  • KAWASAKI

アメリカのコレクターの放出品・・・
1973_400s.jpg近年ジェットは4サイクルに加給機付、大型化と非常に進化も激しく魅力的な乗り物も増えて良いのですが・・・ふと、昔のジェットを探したら・・・アメリカはさすがに広いし色んな方がいるなぁと日々感心してしまいました。いわずと知れたジェットスキーの原型 JS400初期型(1973)のグリーンまだ水に浮かべたことも無いとか??現在のオーナーは2台も所有していてその他カワサキファクトリーチームの歴代のジェットを持っているようです。クアトロとしてもどうしても欲しい一艇です。金額次第では手に入るかもしれません・・・問い合わせはクアトロまで・・・

ULTRA 15F X?

  • Posted by: Quattro
  • 2008年4月 7日 20:41
  • KAWASAKI

これは一体??
ultra15fx.jpg
ウルトラ250Xの低速からの加速フィーリングは非常に素晴らしいものです。でも、STX15Fのハンドリングやコーナリングスピードも捨てがたい・・・となればSTX15Fにウルトラ250Xのエンジンを載せれば・・・・これくらいは誰でも考えますね。クアトロも考えたことは有ります。考えるだけなら・・・しかし実行するにはウルトラのスーパーチャージャーがクランク横にある為、デッキ加工、上回しのマフラー位置とシートが接触、巨大なインタークーラーの収まり・・・どう考えても無理・・・と考えるのが一般的です。結局STX15Fに社外品スーパーチャージャー、インタークーラーとなるのが常識のある方々と思います。
しかし、世界にはこんな無茶な方がいるとは・・・ボトムハルとアッパーハルもホボSTXですがスーパーチャージャー分のデッキから上シート部分だけがウルトラ250Xの物をスワップ。

Img_1497.jpg
しかも剛性も考えてセカンドシート下のグラブレールもウルトラ250X。まるでノーマルのような仕上がりです。当然、耐久性などを考えればSTX15Fを改造して社外スパーチャージャーを載せるよりウルトラ250X純正エンジンの方が耐久性、信頼性共にありますからねぇ~しかし、ギチギチで整備はつらそうですけど・・・
今のところ時速124.8Kmだそうです・・・

Teryx Video

  • Posted by: Quattro
  • 2008年4月 5日 22:06
  • KAWASAKI

ボートショーでも注目を浴びていたカワサキテリクス。言葉では中々説明できない走りを動画で紹介します。かなり良い走りをします・・・
08_kawasaki_teryxs.jpgネタ元はモーターサイクルUSAと言うインターネット上のオートバイ紹介サイトです。英語ですが細かく紹介されていて、テリクスの評価も結構良いですね。

TBM Spnson Kit for ULTRA250X

TBMからウルトラ250X用スポンソンが発売されました。
tbm_ultra_sponsons_lg.jpegベースプレートが2枚入っており厚みが調整可能でラフウォーター時の安定性が向上しボートを持ち上げ最高速もアップするそうです。
シャークスタイルのスポンソンはコーナリング時の減速を押さえスラルームを速く走り抜けられるそうです。
tbm08ultrasponson.jpg
このメーカーはハンドルマウントやスポンソンも非常に個性的な形が多くて面白いですね。

ULTRA250X ブローオフバルブ

  • Posted by: Quattro
  • 2008年3月25日 20:51
  • KAWASAKI

ウルトラ250XでRXT-Xに負けないためにライトチューニング・・・クアトロで販売中!!
昨年からノーマルブローオフバルブをチョロチョロ触って見たのですがこの方が見た目もセッティングも簡単と言うことで販売中です。
quattro_bov.jpg
フィルターは別途ですがビレットブローオフバルブです。純正と交換でボルトオン装着可能です・・・。セッティング次第で約100rpm回転があげられます。

ROTAX RACING NEW PARTS

  • Posted by: Quattro
  • 2008年3月23日 22:20
  • KAWASAKI

ロータックスレーシングよりカワサキウルトラ250X用155mm,16ベーンポンプが発売されました。なぜロータックスがカワサキのジェット用パーツを作ったのか?チョッと不思議ですが・・・ロータックスレーシングファクトリーライダーのフランキーザパタがテストをしたそうです。rrulta16vapomp.jpg
メーカ公表データではノーマルより2~3mph(3.2Km/h~4.8Km/h)速くなるとの事です。特にラフウォーターに強いそうです。


rrulta16vapomp2.jpgなぜロータックスレーシングがカワサキ用パーツを作ったのか?どうもRXP用のポンプにアダプターを使ってカワサキにも装着出来るようにした感じですね。値段もかなり高額なパーツですので費用対効果としては?????

2008年モデルマッスルクラフト比較

全て2008年モデルで奥からのSea-doo RXT-X,KAWASAKI ULTRA250X,Sea-dooRXT,YAMAHA FX SHOです。
ライダーの腕でもだいぶ差が出ますので参考までに・・・
08musclhot.jpeg

2008 INTERNATIONAL BOAT SHOW in 横浜 2

  • Posted by: Quattro
  • 2008年3月10日 13:34
  • KAWASAKI

59ca0208680c62394fe9475feace39ae.jpeg
かれこれジェットスキーとは23年の付き合いであるクアトロ管理人ではありますが未だに現物を見たことが無く雑誌やWEBでしか見たことが無い「カワサキジェットスキー400」。今回初めてボートショー会場に展示されていました。しかも程度も良くノーマルの状態で・・・自分がJETを始めたころは既に440又は550Aタイプであったし非常に高価でハンドルバー一本交換するのも悩むほどでした・・・この400のジェットスキーは多分日本では発売されなかった(並行輸入も含めて)と思います。日本で存在したのは440のアルミシリンダー、真円クランク、モデルが多分並行輸入で販売されていたのが最初だと思います・・・(多分)しかも東京で当時140万円~180万円と言われとても買えずに指をくわえてみているだけでした・・・その後西武マリンがJCIの検査を取得し128万円で販売、その後にカワサキが正規販売をして値段がこなれてきた・・・といて言っても118万円位とかだったと思います・・私も色々な先輩方に乗せて頂いたジェットにフードラッチにスターターが付いたモデルが有りましたがあの当時440でもすごい速い(26馬力程度)と感じ、全てを投げてこの業界にのめり込んでいったのがつい最近のようです・・・

2008KAWASAKI Teryx

  • Posted by: Quattro
  • 2008年3月 3日 11:03
  • KAWASAKI

入荷が遅れていたカワサキテリクスが入荷しました。
teryxss.jpg
2月入荷分がやっと入荷しました・・・Vツインエンジンは静かで滑らかな加速ライノより低中速の加速が非常に良いですね。また、ライノよりワイドトレッドによりコーナリング時の安定感が全然違います・・・今週のボートショーにも展示しますのでアクションカメラと同様ショースペシャルプライスで販売します・・・

Monster Energy Team Green Kawasaki Teryx 750

  • Posted by: Quattro
  • 2008年2月11日 22:48
  • KAWASAKI

アメリカで人気のRUV、カワサキテリクス750がモンスターエナジーチームグリーンカワサキ仕様が製作されていました。
monster_teryx.jpgワイドトレッド、ハイリフト、ロールバーその他のオプションが装備されています。もうちょっと詳細は近いうちに報告いたします・・・ジェットのレース会場にこれがあれば楽にウルトラ250Xでもおろせますねぇ~タンクもテントも同時に運べて...更にカッコ良いし~

2008年カワサキTERYX750販売開始

ヤマハライノに続き2008年はカワサキ テリクス750を追加で販売します。
08teryxs.jpg

90度V型4バルブエンジンでボアXストロークは85mmX66mmで総排気量は749ccケイヒンツインキャブCVKR34仕様で44馬力,2人乗りオートマチックで4WDです。今月末には店頭へ入荷しますので興味のある方はクアトロへGO!!

MAX Trailer Ultimateにレッド追加販売!!

2007年、大好評販売中のウルトラ250X専用トレーラー「マックストレーラーアルティメイト」にウルトラ250Xのボディーカラーであるレッドが追加発売されます。ultimatergrorred.jpg以前に紹介した仕様と同様でフレーム本体はスチール製ですが、ステンレスパウダーを配合した焼付け塗装 。装備はストッパー付トレーラージャッキ、マルチタンデムVタワー、マグナムアブソーバー、225ワイドタイヤ、キャリーハンドル、LEDテールランプ、カワサキグリーンレール又はレッド、カワサキグリーンフェンダー又はレッド等など・・本体価格は25万円(税金、諸経費別途)まま基本的にはフェンダー、レールがレッドに変更され6月中旬より販売開始です。

Ultra250Xメッキミラーブロックオフ限定販売!!

今年の人気モデルのカワサキウルトラ250X用ミラーブロックオフ数個のみメッキ仕様で限定販売中!!
ultra250x_mbo.jpg取り付けは両面テープ、シリコンボンドで取り付けるだけでウルトラを更にスタイリッシュに出来ます。

MACC Racing Ultra Turbo(LX base)

  • Posted by: Quattro
  • 2007年3月19日 22:09
  • KAWASAKI

昨年のワールドファイナルでマックルゲージの乗っていた「STX15Fスーパーチャージャー」がカワサキワークスよりずば抜けて速く決勝3ヒート共に1位だったのは記憶に新しいですがそのメカニックである中田氏の今年のチューニング艇はウルトラLXのターボ。mac250x.jpg詳細は良く解りませんが最高速は138Km/h出ているそうです。

mac250xEg.jpg15F系のターボはフランスのイエローレーシングもやっていましたね~・・・そしてマックレーシングではもうすぐウルトラのライトウェイトハル(カーボン?)も発売だそうです。さすがです・・・・

New Parts for ULTRA 250X from R&D

  • Posted by: Quattro
  • 2007年2月11日 21:43
  • KAWASAKI

数々のワールドチャンピオンを輩出しているR&Dレーシングからウルトラ250X用ニューパーツの発売予定!!
801-25100.jpeg少し地味なパーツですがノーマルではガソリンタンク内のフューエルピックアップが3インチ(7.62cm)上に有る事よって純正では使い切れなかった約20L燃料を消費することが出来ます。ノーマルに比べ約24%ライディング時間が延長できます。特に波の高い海での使用には絶大な効果があると思います。

ULTRA250X U.M.I STEERING System

カワサキウルトラ250X用U.M.Iのビレットステアリングシステムが発売予定!!
umi_ultra250x_stear.jpg
まだ、日本ではウルトラ250X本体のデリバリーすら開始されていませんが既にアメリカの老舗ハンドルシステムメーカーからニューパーツの発表です。ハンドルポスト自体にベアリングを使用しハンドルのガタつきがありません。値段は98,000円(税別)販売時期は3月~4月の予定です。

ULTRA250X慣らし中!!

  • Posted by: Quattro
  • 2007年2月 6日 22:34
  • KAWASAKI

クアトロに入荷したウルトラ250Xの慣らし中です。
ultra250xttt.jpg
今回、検査を受けるために船体の重量を計ってみました。
当初メーカー発表数値はULTRA250X本体の重量が410Kgでしたがこの量産モデルは,エンジン無しの船体のみで275Kgと一昔前の2サイクル3人乗りモデルの乾燥重量でした。そして、エンジンの重量は141Kg。の合計416Kgでした。現在のカタログ通りの数値でした。
水上を走らせればその重量は全く気になりませんが、陸上での取り回しは結構つらいですねぇ~
でも、本当に良く出来たジェットであることは間違いありません・・・

ULTRA250Xのパーツ・・

  • Posted by: Quattro
  • 2007年2月 3日 23:12
  • KAWASAKI

ultra250xsponson.jpg
カワサキウルトラ250Xのスポンソンがとても大型でこの写真でも上に見えるスポンソンより外側にはみ出していることが確認できます。更に後ろ方向に一段ステップ状に抉れて上がっています。この大型スポンソンの効きは良く最高速度を落とすことなくハンドリング向上をはかっている様です。

250xgmount.jpg
そしてハンドルマウントは旧X2以来のチルトシステムを採用していますが、そのハンドルポストの材質が強化プラスティック。数年海で使用したお客さんのジェットをメンテしていてSTXやウルトラ150のハンドルカバーをはずすとハンドルカバー内部が塩害によりステンレスとアルミの電食(腐食)や塩かみで触れない(ボルトが取れない、折れる等・・)ことになっていることが多かったのですがこれなら塩害は無い・・でしょう。しかし250馬力の強度にこのハンドルポストが耐えられるのか??ちょっと不安が残ります。多分、某エンジニアリングがカッコよいハンドルマウントを製作してくれることでしょう・・・

ULTRA250X

  • Posted by: Quattro
  • 2007年2月 2日 23:31
  • KAWASAKI

今年,注目のウルトラ250Xメーター周りの簡単な説明と実走行させて感じたこと。
250Xmeter.jpg左側に有るのがアナログの回転計、右側の大きく「0」と出ているのがスピードメーターです。当然Mile/h表示とKm/hの切り替えが可能です。その下にはトリップ、とアワーメーター。ここまでは今までのSTXとメーターデザインは違いますが表示されるものは一緒です。大きな違いとしてはこのデジタルメーター左半円外側にあるブースト計PSi表示で0,5,10,15と刻んであります。当然エンジン回転数とレギュレーターバルブの開閉でブースト圧が変化しその状態が表示されます。
その反対側は燃料計、赤いランプは警告灯です。
実走行では、かなりフロントヘビーで燃料満タン時(約78L)と約20L程度しか燃料が入っていない状態で最高速度の差が5Km/hもありました。まあ、この辺はハンドリングの良さを取るか最高速だけでフラフラなジェットにするかのセッティングだったでは無いかと思います・・・また、今回のウルトラ250Xはジェットポンプが155mmとなり、STX15Fより内径で7mmオーバーサイズ、そして同じくSTX15の6ベーンから8ベーンに変更されたことはカタログでも確認できます。

2007 ULTRA250X Supercherger US仕様 展示中!!

  • Posted by: Quattro
  • 2007年1月30日 11:42
  • KAWASAKI

oguraclutch_salon.jpg
2007年1月12~14日まで幕張メッセで4輪車と2輪車の改造車ショーが行われています。
oguraclutch_salon.jpgカワサキウルトラ250Xに搭載されるスパーチャージャー本体製造メーカーの小倉クラッチも出展していました。oguraclutc_cut.gif
そこにはウルトラと同機種の小倉クラッチ「TX15」がカットモデルで展示されていました。電磁クラッチにでマユ型のタービンは動いたり止めたり制御が可能でボタンひとつで加給をとめたり開始させるという使用方法もスイッチを追加改造でできるそうです。まるでマッドマックスですね。oguraclutc_scrdt.gifこれはトヨタ系チューニングメーカーであるトムスが小倉クラッチを装着したクラウン系3リッターエンジン3GRのスパーチャジャーコンプリートエンジンです。最大出力320馬力、最大トルク40Kgとのことです。価格もインタークーラーやコンピューター付で約107万円でした。パーツの値段から考えるとウルトラ250Xって本当に安いモデルですねぇ~・・また、どうやらこのスーパーチャージャーはブリッツにもOEMで提供しているようですね。かなり信頼性が高いメーカーと思います。ちなみにウルトラのスパーチャージャーは「TX20」と一回り大きいサイズです。motec_salon.jpg
他には最近のフューエルインジェクション系チューニングには欠かせないモーテック製のコンピューターも展示されていました。東京近郊にお住まいの方は一見の価値ありです。

Diablo Racing

  • Posted by: Quattro
  • 2006年12月25日 02:17
  • KAWASAKI

以前にもSTX15Fのターボエンジン等、何度か紹介しているディアブロレーシングのニューパーツ・・・diablosteer.JPGこれはカワサキSTX15F用のステアリングシステムですがショックアブソーバーがついており走行中のライダーを波による衝撃から負担を減らすように設計されています。
2007_diablo.jpg
それ以外のも他には無い様なパーツが多数製作されています・・・CGですが「ULTRA250X」用も製作中だとか・・・diablourtra250s.jpgシートリアハッチのエアーインテークは試したいですね・・・

2007 MAX Ultimate TRAILER

  • Posted by: Quattro
  • 2006年12月 1日 10:50
  • KAWASAKI

2007年モデル大変な人気を誇るウルトラ250X,ウルトラLXですが発売を記念してカワサキとマックストレーラーのコラボレーショントレーラーが発売されます。
ultimate.gif
ウルトラの最大のネックである重量(410Kg)の問題で軽自動車枠(350Kg積載)のトレーラーに載せる事が法律的に不可能となります。このマックストレーラーアルティメットは普通自動車枠で最大積載量は500Kgが可能。フレーム本体はスチール製ですが、ステンレスパウダーを配合した焼付け塗装 。装備はストッパー付トレーラージャッキ、マルチタンデムVタワー、マグナムアブソーバー、225ワイドタイヤ、キャリーハンドル、LEDテールランプ、カワサキグリーンレール、カワサキグリーンフェンダー等など・・本体価格は25万円(税金、諸経費別途)来年ウルトラを購入されるお客さんはトレーラーもこのカワサキ仕様でいかがですか~

KAWASAKI ULTRA 250X,ULTRA LX試乗会

  • Posted by: Quattro
  • 2006年11月24日 16:35
  • KAWASAKI

2007年の注目モデルのカワサキウルトラ250X,ウルトラLXの試乗会が日本で初めて
沖縄県宮古島にて行われました。
testride_ultra250x_f.jpg
試乗したインプレッションとしては誰が乗っても時速100Km/h以上で安定して走れるモデルです。また、2名乗艇時も全くハンドリングも安定感も損なわれず時速100Km/h以上で走れました。
特にラフウォーター時の走破性は優れたものでした。
全く、恐怖感無く100Km/h以上でずっと走れるという点では他メーカーと比較しても現在の量産モデルとして最高レベルであると思います。ただ、不安定な加速、特に恐怖感を楽しいと感じる方にはツマラナク感じるかもしれません。
また、エンジン音もルーツ式スーパーチャージャーの独特な吸気音とブローオフバルブの音がBRP社のモデルと違い気分を盛り上げられます。
testride_lx_f.jpg

このモデルは15FのNAのエンジンでは有りますが全体的にマイルドで常に全開で走っても安定して十分なスピードを保ちロングツーリングに最適なモデルといえます。
特に大容量燃料タンクと安定した船体はライダーの負担無く全メーカーどのモデルよりもノン給油で遠くまで走ることが可能です。

2007 KAWASAKI

  • Posted by: Quattro
  • 2006年10月10日 11:20
  • KAWASAKI

2007_kawasaki.gif今さらですがUSカワサキのウェブページがやっと更新されました。ウルトラ250X,ウルトラLX、それと日本とは違うカラーリングのSTX-15Fも確認できます。日本のSTX-15Fは2006年と同カラーでグラフィックのみ変更です・・・
.

2007KAWASAKI ULTRA 250X価格

  • Posted by: Quattro
  • 2006年10月 7日 02:52
  • KAWASAKI



カワサキUSA工場であるネブラスカ州リンカーン工場へ行ってきました。
残念ながら工場内は撮影禁止でしたが来年のカワサキの全モデルの暫定的価格が発表されました。来年からは新艇全てに人身事故に対応する自賠責保険(対人のみ3000万円まで)が全メーカー付帯することがすでに決定しています。
以下が消費税別価格です。
IMG_1463_s.jpg

IMG_1466_s.jpg

IMG_1470_s.jpg

IMG_1472_s.jpg

IMG_1474_s.jpgアメリカではSTX15Fに対してウルトラ250Xは2000ドル(約24万円)高いのですが日本での価格差を考えるとかなり安いウルトラ250Xとなりますね。安いにこした事にありませんが・・・あくまでも暫定価格ということですけどね~ from lincolin

2007 800SX-R

  • Posted by: Quattro
  • 2006年10月 2日 16:06
  • KAWASAKI

以前にも紹介しましたが・・
2007_800sxrs.jpg???2007Sxr_graphic.gif

カワサキジェットスキー 800SX-Rの2007年モデルです。カラーグラフィックのみの変更ですがレッドの他にカワサキグリーンの2モデルもあります。2サイクル最後のモデルになるかな??

2007 Ultra250X Supercherger By Ogura clutch

  • Posted by: Quattro
  • 2006年9月30日 21:30
  • KAWASAKI

sc_cut.jpeg群馬県桐生市にあるオグラクラッチ製スーパーチャージャー本体カット図です。

ultra250_blue1smal.jpg

oguraclucth.jpg
sc-meca-ani.gif
2007年カワサキジェットスキー最高峰の「ウルトラ250X」のスーパーチャージャー本体は日本製のルーツ型ultra250xscogura.gif
小倉クラッチというメーカーのTX20と言うタイプを使用しています。
小倉クラッチはボルボペンタ、トムス、ベンツのチューニングメーカーカールソン等にスーパーチャージャーをOEM提供しています。
◆「オグラ・スーパーチャージャー」の特長
●高効率の発揮
 新しいローターデザインは、シール面積を拡大しました。
 従来のルーツブロワーを大幅に上回る効率を発揮します。
●優れた耐久性
 特殊コーティングによる優れた耐久性を持っています。
●低燃費を実現
 低イナーシャによりクラッチコントロールが容易で低燃費を実現します。
 高トルクが必要でないときは、クラッチを切ることにより、燃料低減が図れます。
理論吐出量    2060 cc/rev
最大回転数(連続)  9,000rpm
最大回転数(瞬間) 13,000rpm
最大圧力比(連続) 1.8?
最大圧力比(瞬間) ?2.0
最高回転数時の
最大吐出量(圧力比1.8) 920 m3 /h
重量          15 kg

Continue reading

2007 NEW MODEL Ultra250X&LX

  • Posted by: Quattro
  • 2006年9月24日 10:54
  • KAWASAKI

ここ数年ジェットスキーの船体とエンジンの進化が激しくショップとしても追いつくのが大変です・・・
250kawscr.jpg
250kawsc.jpg
250kawscf.jpg
2007年モデルの250馬力エンジンです。
「ウルトラ250X」用です。ルーツタイプのスパーチャージャーに大型インタークーラー、155mm8ベーンジェットポンプに新型の3枚ブレードインペラーだそうです。
22.5度のVハルにスプレーディフィレクター付です。燃料タンクは76.8Lとこれまた大型です。
船体は、ブルー/ブラック、レッド/ブラック。それ以外に「ウルトラLX」というNAエンジンで新型ハルでも発売されるもようです。
こちらで確認してください・・
ここには載せられません・・来年はカワサキの年になりそうですね~

New SX-R

  • Posted by: Quattro
  • 2006年8月25日 21:15
  • KAWASAKI

モノクロですがグラフィックカラーはこんな感じ???2007Sxr_graphic.gif

2007 KAWASAKI NEW STX

  • Posted by: Quattro
  • 2006年8月16日 17:35
  • KAWASAKI

カワサキの大人気モデル「STX15F」の更に上位機種になるALL NEW ULTRA250Xです。
2007_kawasaki_jetski_rd.jpgエンジンの詳細は今のところアナウンスはありませんが、皆さんの想像通りの機種になりそうですね。なんとなく他社の今までのジェットのデザインに似ていますね。
2007_kawasaki_jetski_blue.jpgこちらのカラーはすっきりカラーで良いですね。どちらにしてもサイズアップして大型艇になります・・・

Macc Signature Edition Supercharged 15F

元カワサキファクトリーライダーであるクリスマックルゲージシグネーチャーモデルのKAWASAKI 15F スーパーチャージャー号です。maccracingsignature.jpg前回紹介したモデルより少しカラーリングがすっきりしました。340馬力で84.75MPH(約135.6Km/h)との事です。日本円で450万円プラスアメリカからの送料が掛かります・・・また、VP109と言うレースガソリン仕様です・・・・購入希望者がいらっしゃればご連絡を頂ければ販売いたします。

Kawasaki 15F Turbo動画

  • Posted by: Quattro
  • 2006年3月19日 22:56
  • KAWASAKI

以前にも何度か紹介しているフランスのイエローレーシングはカワサキSTX15Fにワークスでも使用されているスーパーチャージャーではなくギャレット製のターボを搭載しテストを行っています。15fturboic.jpg

その実際のテスト走行動画を紹介します。15Fのストック艇と並走のターボ艇はかなり速いです。
220馬力と250馬力仕様が有るそうです。
こちらからKawasaki STX15F Turbo動画

KAWASAKI STX 15Fライトチューニング

  • Posted by: Quattro
  • 2006年2月 4日 21:06
  • KAWASAKI

2004年発売から早期完売モデルのカワサキSTX15F用のアドバンスプレートです。
点火タイミングを2度,4度,6度と進角させることが可能となります。da6pm.jpg左がストック、右が進角可能なタイミングプレートです。
da2pm.jpgクランクケース前方にあるカバーを4本のボルトをはずして開けます。その中に有るストックのタイミングプレートを交換するだけです。今回は2度アップです。
da7pm.jpgこの交換によりレーダーガンによるテスト結果としては約1~2Km/hのスピードアップが可能になります。まだまだテスト中ですのでテスト結果を随時報告します。

15F Turbo発進・・

  • Posted by: Quattro
  • 2006年2月 1日 20:33
  • KAWASAKI

2005年のワールドファイナルにてニュージーランドチームのKAWASAKI STX-15F TURBOがあまりにも速くて印象的でした。以前にも少し紹介したフランスのイエローのSTX-15Fも実走テストに入ったようです。15fturboic.jpg

100メーターで100Km/hに達するとの事で、最高速度は111KM/h~114Km/h、ストックのSTX15Fで55秒のスラロームコースを50秒で走るとの事です。15fturbf.jpg近いうちにビデオを公開するとの事・・・ちょっと楽しみですね~

4 cycle Stand UP

  • Posted by: Quattro
  • 2006年1月14日 15:56
  • KAWASAKI

IJSBA の2006 ルールブックの変更点が発表されました。
特に大きな変更点は無いのですが、今後スタンドアップが4サイクル化されてきたとしたら一体2サイクルの800ccに対して4サイクルは何ccまで走れるのか?気になってきました。
一応ランナバウトで800cc2サイクルのクラスは1100ccの4サイクルまでとなっています。
4stsxrss.jpgこれは、某所に提出された絵ですが、「KAWASAKI 800SX-R」に同社の「STX-12F,STX-15F」を載せた場合の試作案です。しかし、これが本当に製作されたとしたら今のレギュレーションでは800ccクラスには出れません。レギュレーションの変更か、排気量を下げて発売するしかないと言う事でしょうか・・
どちらにしても800SX-Rに12F,15Fのエンジンを載せたら軽く200Kg越えのスタンドアップスキーになってしまいますね~・・・ちょっと微妙です・・

やっと入荷の新型X-2

  • Posted by: Quattro
  • 2005年11月18日 17:46
  • KAWASAKI

本来11月15日に発売予定だったX-2が本日(11/18)やっと入荷しました。
2005newx-2.jpg
当店に到着したのも夕方5時半頃で、当然週末に登録して試乗艇として海に浮かべたかったのですが
間に合いませんでした。月曜日に再度JCIに登録に行く予定です。
年内、出荷台数が限られていますのでお早めに・・・・specialgshocks.jpg年内成約の方はカワサキスペシャルバージョンG-SHOCKプレゼント中です。

新型X-2の価格、発売日正式決定!!

  • Posted by: Quattro
  • 2005年9月30日 11:29
  • KAWASAKI

JF800.jpg
何かと話題の新型カワサキX-2の価格と納期が正式に発表になりました。
価格は税別で¥899,000
納期は2005年11月15日となりました。
モデル名もカワサキX-2です。
この冬の間に新型X-2に乗って練習、チューニングして来春はビーチでヒーローになりましょう!!

フリースタイルチャンピオンのRick Royからパーツが発売!!

ここの所2006年モデルの発表ラッシュですが、もうすでにJETを持っている方々には今もっているジェットのイメージチェンジ、改造に色々思いを巡らせている事と思います。
元フリースタイルチャンピオン(バレルロールの生みの親)のリックロイプロダクツから新製品が発表になります。現在ヨーロッパチャンピオンのスティーブンダリアも使用しています。
RickRoypolet.jpeg彼は、ずっと旧型~現行のヤマハスーパージェット乗りのイメージが強いですがこの製品はカワサキ800SX-Rについています。しかし、ブッシュなどはスーパージェット用を使う事からどちらにも対応しています。

●原材料は6061 T6 アルミチューブ
●簡単に2インチロング~10インチショートに変更可能。
●現在のステアリングシステムを使用できます。
●オプションでハンドルポールブラケットからエンジンルームへのエアインテークをつけれます。).
●スーパージェット用のチンパッドが必要になります。
2005年のワールドファイナル以降のデリバリー開始です。(11月以降??)
中々ハイブリッドなデザインでカッコ良いしハンドルポールの長さを取り付けたまま変更可能というのも非常に良い製品の予感・・・

PWCリサイクル料金

自動車では当たり前になりつつ有るリサイクル料金がPWCにも2005年11月より運用を開始するそうです。
カワサキだけは自社製品を回収する模様・・
カワサキはこちらから
その他はこちらから
うーん高いなぁ~

2006 KAWASAKI NEW STX-15F!! &800SX-R!!

  • Posted by: Quattro
  • 2005年9月20日 01:51
  • KAWASAKI

2006_stx_15f.jpg

2004年デビュー時も早々に完売し、今年も大人気で早期完売モデルのカワサキ15F 2006年モデルの発表です。
エンジンはNAで基本スペックは変わりません。しかし、2分割シートの復活は大歓迎ですけどね・・・
JT1500A6F.jpg
やはり、ライムグリーンはきれいですね・・・
また、STX-15Fには、RED/BLKのカラーも選択可能です。
2006_15f_a6.jpg

JS800A6.jpg
800SX-Rもカラーグラフィックの変更です。それ以外のスペックは変わりません。

MACC Racing

もうすぐあの、クリスマックルゲージのショップの「マックレーシング」のホームページが開設される模様・・
maccracinweb.jpg
元カワサキワークスライダーで現在ハイドロスペースの看板ライダーでも有る「クリスマックルゲージ」のショップ、マックレーシングです。
カワサキ15Fのスーパーチャージャーのエンジンなんかもチェックできます。まだトップページだけのようですが、この先下のような物もチェックできそうです。
norm5.jpgSC本体はRIVAやカワサキレーシングの時とは別のメーカーのようですね。

norm2.jpgインタークーラーもボーテックの物では無いようです。一瞬例のSCかとも思いましたが・・・

ついに解禁!! 新型X-2

  • Posted by: Quattro
  • 2005年8月26日 13:05
  • KAWASAKI

昨年から噂の「NEW X-2の発表です。
2005年11月発売!!決定!!
JF800.jpg

歴代のX-2から見るとエンジンフードにハンドルがマウントしているせいか、イメージ的にはヤマハのTZっぽいかなぁ~
まあ、どちらにしてもJF-800の乗り味は意外と行けているそうです。まあ、JS800SX-Rの船体ですから早く走って当たり前ですね。さらに改造パーツもあるし面白い乗り物になることは間違いありません。
それにしても、「SJ改」の「H2O-x」にも似ていますね。
h2ox2.jpg←H2O-x

15Fカーボンフード

  • Posted by: Quattro
  • 2005年6月16日 21:47
  • KAWASAKI

KAWASAKI STX-15Fのミラーを取った後の処理をどうするか考えていたところRIVAからこのような物がでていました。
mirrorblockoff.jpgしかし、これはイマイチ面白みの無い部品だったのでやはり、カーボンフードとミラーを外したところをスムージングできるパーツを探していました。
15fcarbonefood.jpgこれは、まるで3DRのようですが「あるショップ」のオリジナル試作パーツです。やはりこの形のほうがカッコよいですね。

15fcarbonemet.jpgしかも、スパーチャージャーを載せて、メーター類も、回転計、油音計、ブースト圧、等々取り付けていてかなりいい感じです。ただ、ちょっとメーターが下に有りすぎて見ながら走るにはちょっと怖いかも・・・・

イグニパワー

先日紹介したイグニパワーの問い合わせが多いので少し補足しておきます。

igni-power.jpegこれは、ECUとWINDOWSのソフトウェアーのキットでモディファイ、リミテッド、ストックエンジンにも使用が可能な完全プログラミング可能なECUです。
ignipower.jpgパソコンのRS232CケーブルでWINDOWSと繋ぎ任意の回転数での点火タイミングが設定できてレブリミッターも任意に設定できます。
また、ROTAX RACINGから発売されSea-dooRXP,RXT用のる300馬力オーバーキットにもこのメーカーのECUが採用されています。
ignipowerrxt.jpgさすがにインジェクションモデルの為、セッティングページのタブを見ても分かるとおり、(14ページもあります)レブリミッターや、点火マップだけでなく、インジェクションマップや、インジェクションタイミング、ノックセンサー、水温の管理、使用燃料等など・・1気筒ずつのセッティングも可能で複雑です。
ignipowerrxt2.jpgこのメーカーもハイドロスペースや、ROTAXと同じオーストリア製で結構オーストリアはジェットの開発が進んでいきますね。

STX-15F Supercharger Kit

  • Posted by: Quattro
  • 2005年6月 1日 22:03
  • KAWASAKI

15f_sc_craftriva.gif
兼ねてから噂のVortec製のタービンを使用してRIVA RacingよりカワサキSTX-15F用スーパーチャージャーキットが発売されました。しかもその内容が結構すごいと思います。値段も手頃(?)だし・・
15f_sc_engriva.gif皆さんも御存知の通り「RIVA」と言えばヤマハのファクトリーチームでしたが、最近はSea-doo,HONDA,KAWASAKI等の各メーカーの取り扱いをはじめレースにでる選手には積極的にスポンサードも行うアメリカ東海岸ナンバーワンディーラーでもあります。ヤマハの4サイクル3人乗りのFXが発売された当初からスーパーチャージャーのチューニングをVORTECと共に開発を行い、昨年末、カワサキファクトリーレーシングのマックルゲージがワールドファイナルで優勝をした直後からVORTECからカワサキ15F用のSCの発売の噂は有りました。
15fsc_pumpriva.gifしかし、スパーチャージャーだけでは本当の速さを追求できない事からRIVARACINGと組んで三菱製のモディファイECUやスキャットトラックのマグナムポンプ(F-ポンプ)160mmとスポンソン、オーバーサイズインジェクター等をセットして販売する事になったようです。
15f_os_engkitriva.gifクローズドコース仕様で燃料は「VP MS109 race fuel (Jet X)」を使用して馬力は最終的には300馬力をオーバーしエンジン回転数は8300rpmで最高速度は時速128Kmだそうです。
気になる値段ですがUS$10,261とかなりお得なお値段ですね。
とはいっても、アメリカの15Fの新艇価格がUS$9,499ですからジェット新艇一台分以上のパーツの値段は安く無いですか・・・・

フランスのDiablo Racingのパーツ

logo_diablo2.gif以前にもこのメーカーのSTXターボは紹介しておりますが今回はNA(Naturally Aspirated)のキットの紹介です。
stx200ps.jpg今回のキットは
CDI: 純正加工で回転リミッターを+750 rpmに設定
レーシングカムシャフト
フォージットピストンコンプレッション 11/1
ノロジーホットワイヤー


diablocdi.jpg
diabloforgedpiston.jpg
との事。このキットを組み込む事で純正の160馬力から200馬力になると言う事です。
金額は3,482.61EUR (約45万円)
お問い合わせはフランスディアブロレーシングまで
クアトロでは取り扱いを致しません・・

2005 MAC RACING STX 15F Supercherger号

2005macracing.jpg2005年のマックレーシングのSTX-15F-SC号の写真です。日本円で480万円~540万円で販売されています。とても、ジェットスキーの値段とは思えない金額ですが乗ったらこの世の物とは思えないほどの加速をします。

macsceg.jpg
エンジンの写真です。

mac2.jpgマックレーシングのロゴステッカーですが意外とあっさりとしていますね。
今年は、どれくらいの活躍が出来るのか?楽しみですね~

NEW programmable Ignition for KAWASAKI SX-R 800

igni-power.jpeg「IgniPower」からレース専用パーツでカワサキSX-R800用のプログラマブルイグニッションが発売されます。これは、PC(WINDOWS)で細かく回転数と点火時期を自由に設定が可能になります。ストックエンジン、モディファイエンジン、スーパーストックエンジン全てオリジナルタイミングカーブを設定可能です。但しウィンドウズは英語、フランス語、ドイツ語のみですが・・・何故かmade in austriaです。

KAWASAKI 15F用 スーパーチャージャーキットの紹介

ようやく日本で走らせるスーパーチャージャーキットの公開です。
スーパーチャージャーキットについてはVortec社のタービン、インタークーラーを使用します。
Vortec社で15F用のブラケットも製作されKITの商品化の噂も有ります。
vortecqua.jpgこれが、スーパーチャージャー本体です。330馬力出ているUSカワサキワークスと同タイプです。このスパーチャージャーの許容回転数は65,000rpmですが、ジェットはドライブラインにギアがないためジェットポンプの最高回転が限られる事からエンジン回転数を8000回転以下に設定してスーパーチャージャー本体は約45,000rpmで回しています。ですから、まだ、理論上ではもっと馬力を上げられることになります。Sea-dooのスーパーチャージャーに比べたらかなり大きくて重いですね。これは、後付けの為、エンジンのクランクシャフトについているカップリングにプーリーをつけてスーパーチャージャーを回すタイプです。さすがにSea-dooはメーカー純正で開発しているのでメンテナンスや耐久性、小型化を考慮してクランク軸にリングギアを設けてワンウェイクラッチを経由してタービンを回します。purry.jpgターボのように排圧で回す物ではないので、この、プーリーの大きさや歯車の数がタービンの回転数を決めることになり、さらには過給圧にも関係してきます。Sea-Dooは185馬力から215馬力にメーカー純正でアップする時にクランク軸に有る歯車のギア比を変更して過給圧を上げさらにインタークーラーを装着していました。
vortecint2.jpgこれはやはりカワサキワークスと同じVortec社のインタークーラーです。中にラジエーターのようなコアが入っていますがポンプケースから冷却水を取り入れるタイプの水冷です。大きなパーツはこれくらいで後はVortec社バイパスバルブとパイピング、大容量のインジェクターなどですが一番の問題はECUです。燃料噴射、点火タイミング、回転リミッター等が個人的に製作するにはノウハウ的に非常に難しいところですね。ワークスは三菱電機製でメーカーならではの物で我々には手に入れることは出来ません。
それ以外にマックルゲージボートにはメガサイクルのアジャスタブルカムスプロケットでカムタイミングを変更しているようです。これを使用するとさらに4~5馬力は上がるそうです。ダステインファージングはノーマルだったそうですが・・クアトロもこの辺はノーマルで行きます。
後はMTC製 forgetピストンを使用しています。これはノーマルと全く同形状ですが、高馬力エンジンにも対応できるように強度がアップされています。
これ以外にもこのエンジンパワーを完璧に水面に出力する為にセットバックマグナムポンプなども必要で完全なレジャーユース仕様でもかなりのお金が、かかるマシンになりますね・・・

KAWASAKI NEW X-2

  • Posted by: Quattro
  • 2005年1月20日 17:21
  • KAWASAKI

この記事に対して、たくさんのアクセスを頂いているのですが、訳が有って内容を自粛します。
x-2.jpg
残念ですが・・・

KAWASAKI NEW X-2

  • Posted by: Quattro
  • 2005年1月20日 13:29
  • KAWASAKI

今年の全モデルが正式発表され、もう納艇待ちのお客様も多いのですが1~2年ほど前から噂であった「NEW X-2」が製品化されるようです。
昨年末から具体的な話を確認してはいる物の現状写真などを公表できる状態ではないのですが船体のボトム形状は800SX-Rをベースにしていてアッパーは「TZ700」のような形と言えば想像できるかと思います。KAWASAKIの開発コンセプトはいつも「ファンライド」「スポーツ」思考が強いですから結構期待できる仕上がりでは無いかと思います。非常に楽しみですし、また、これでX-2人気に拍車がかかりそう!!

R&D Racing 12F&15F用スポンソン発売開始

  • Posted by: Quattro
  • 2005年1月16日 12:09
  • KAWASAKI

Sea-doo,YAMAHAに比べ非常にファンライド(乗って楽しい)感が人気の12F&15Fですがさらにコーナリング性能を向上させ完璧なスポーツ感覚を味あわせてもらえるパーツの発売です。121-21500.jpeg
今まで、このメーカーはビルチャピンと言う世界でもNo1のチューナーがいるメーカーで過去に何人ものワールドチャンピオンを排出してきています。ビクターシェルドン、クリスティーカールソン、ニコラスリウス、金森稔さんもアメリカ進出時にはだいぶお世話になっています。羽根突きのスコープゲート(ベンチュリーゲート)は今では当たり前のパーツですが元々は彼の発送の元、製作され特許申請もしていたほどです。
くれぐれも横Gに負けて振り落とされないように・・・・

超軽量!KAWASAKI SX-R用カーボンポール

  • Posted by: Quattro
  • 2005年1月13日 12:10
  • KAWASAKI

pole.jpeg
top.jpeg
これはヨーロッパのショップ製のSJタイプの「SX-Rカーボンポール」です。
良くハンドルの取付け位置や角度の変更のためにSJ用のポールに付け替えられる方が多いですが良く換えられる「UMI製のアルミポールは5KG」に対してこのカーボンポールは「1.85KG」だそうで約1/3の重さです。当然ジェットスキー等の乗り物は低重心の方が良いのでこれはかなり有効なパーツかと思います。steering.jpeg
また、この写真では解りにくいですがステアリングプレートが3種類あってハンドル取り付け位置が変更可能になっています。プレート軸は変更できないですがバー本体の位置を移動できる用になっていて体格や乗り方にあわせて選択できるところが嬉しいですね。

WorldChampion ChrisMacclugage号

  • Posted by: Quattro
  • 2005年1月11日 19:13
  • KAWASAKI

IJSBA史上初の4サイクルチャンピオン号の解る範囲内の詳細です。
ボーディー関係は雑誌でも見て研究してください。そのうちやりますが・・
eng.jpg320馬力のエンジンです。
基本的に、インテークマニホールド、エキゾーストマニホールドは純正品をエクスツルードホーン加工しています。(これは日本にも10年前には埼玉県と、浜松に一社ずつ有ったと思いますが今は営業されているかは不明です。)エンジン本体は「MTCピストン」アジャスト式カムチェーンスプロケット、にストックシリンダーヘッドV15G.jpgSuperCherger本体は「Vortech V5G」というタイプです。15Fのエンジンパワーと性能に合わせてチョイスされています。インタークーラーも「Vortech Intercooler」です。また、ハイフローバルブは、やはり「Vortech Bypass Valve」。1inj.jpg
フューエルインジェクターはスバルか何かの自動車用です。
arester.jpgファクトリーチームのマシンのフレームアレスターは3DRなどのシートを使わないとつきません。タービンやインタークラーなどでスペースの問題とこの位置にすれば直接エアーを取り入れられる為ですね。
160mag.jpg
これは,「Skat-trak製の内径160mmの12ベーンセットバックマグナムポンプです。ぺラピッチは10/18のスワォールで、ドライブシャフトの30mm延長。ストックで2個有るウォーターボックスは一個だけになり排気圧力を軽減する加工をしているようです。しかし、エンジン音は本当に静かでした。
ココまでは市場に販売されているパーツで構成されていますので誰でも手に入れることは可能ですが、電気(ECU)が完全非売品で三菱製のスーパーチャージャー対応(可変)レブリミッター、イグニッションタイミング、フューエルマッピング、などが当店では課題になります。
また、この改造をすることで必要な燃料はレースガソリン「VPJetX Fuel」で本国でも「約1L=20ドル」程するようです。気になる最高速度は時速124kmだそうです。それにしてもこれをほとんど一人で製作された金森稔さんには敬意を払いたいですね。本当にすごいお方です。それに今日は彼の誕生日でもあります・・おめでとうございます。

330馬力の怪物 KAWASAKI 15Fスーパーチャージャー

  • Posted by: Quattro
  • 2004年12月31日 18:36
  • KAWASAKI

STX15fSci.jpg
これはUSカワサキファクトリーレーシングの15Fスーパーチャージャーですが、これにはタービンの横、スロットルボディーの前に有る物がエアクリーナーインタークーラーです。これと、軽量ローコンプレッションピストン、ハイカム、インジェクター、などなど交換して330馬力をたたき出します。
しかし、この15Fは1L=$20の燃料を炊かなくては本当の馬力は上げられません。
vortech.gif当店の製作する15F SCは当然インタークーラーは有りませんし、スーパーチャージャーのギア比も違います。加給圧をそこまであげません。
日本でレジャーユースにするにはハイオク仕様で無いととても持ちませんから・・・
しかし、タービンはA356プレミアムアルミで高速バランスで「D」ポート渦巻形を特徴のワークスと同じボーテック製。耐久性が有り、そして小型です。
来年1月末には走れそうなので皆さんお楽しみに~
良いお年を~

KAWASAKI 800SX-R カーボンハル

  • Posted by: Quattro
  • 2004年12月25日 20:43
  • KAWASAKI

s6.jpeg
これはオーストリアの800SX-R専門店のアッパー、ロアーを完全カーボンハルで製作した800SX-Rです。当然エンジンは有ませんが片手で軽く持てると言う証明写真です。当店でもこの夏に一台だけFullカーボンハルのフリースタイル艇製作販売しました。
rumpf.jpeg当然日本製の方が出来は良いですけどね。

R&D KAWASAKI800SX-Rパーツ追加

  • Posted by: Quattro
  • 2004年12月23日 18:48
  • KAWASAKI

111-80001.jpeg

3枚羽のステルスゲート20パーセント取り入れ口を大きくしてコーナリングとオフスロットルブレーキをかけられるように設計
121-00800.jpeg

船体後部のボンドフラン時に取り付けより荒れた海面での走破性をアップさせます。



再:ForSale!!クリスマックルゲージレイクハバス本番艇です。

  • Posted by: Quattro
  • 2004年12月21日 01:28
  • KAWASAKI

カワサキファクトリー解散の為本当の本物が販売中です。
macs.jpg




そのままレース艇の為レースガソリン仕様です。
ドライチャンバー、ポーティングシリンダー、48mmキャブレター、セットバックポンプ、オートマチックチルト他付き・・・
この世に一台しか有りませんのでお早めに・・
興味のある方はこちらまで・・

USA仕様2004年モデル15Fオーダー受付中!

  • Posted by: Quattro
  • 2004年12月20日 11:53
  • KAWASAKI

k_stx15f_03_800.jpg
少量ですがUSA2004モデルが入荷します。
2005年モデルがイマイチと言う方は御連絡お待ちしています。

2004年モデル15Fを無償で2005年15F日本仕様のカラーと交換

  • Posted by: Quattro
  • 2004年12月18日 17:25
  • KAWASAKI

TempFile1103255386.jpg2004年12月まで、程度の良い15Fであれば1台限りですが今年モデルの15Fと無償交換します。当然、新艇ですのでメーカー保証つきです。こちらまで御連絡を・・

Continue reading

3DR製KAWASAKI 15F用 カーボンフード&シート

  • Posted by: Quattro
  • 2004年12月15日 17:55
  • KAWASAKI

no1901.jpeg
このワールドファイナル仕様のマックルゲージと同様のハッチを販売中です。
カラーはブラックカーボンです。シート部分は、Jettrim,Apデザインどちらでも作成可能です。

KAWASAKI 15F用 スーパーチャージャーテスト艇販売

  • Posted by: Quattro
  • 2004年12月14日 15:22
  • KAWASAKI

15scs.jpg
テスト艇本体の販売をします。
テスト艇はデータ取りをしてからの販売となりますので1月末の引渡しとなります。
本体は2004年モデルです。

クリスマックルゲージ号 ForSale!!

  • Posted by: Quattro
  • 2004年12月13日 14:12
  • KAWASAKI

カワサキファクトリー解散の為本当の本物が販売中です。
macs.jpg
そのままレース艇の為レースガソリン仕様です。
ドライチャンバー、ポーティングシリンダー、48mmキャブレター、セットバックポンプ、オートマチックチルト他付き・・・
この世に一台しか有りませんのでお早めに・・
興味のある方はこちらまで・・

KAWASAKI 15F用 スーパーチャージャーキット

  • Posted by: Quattro
  • 2004年12月10日 17:19
  • KAWASAKI

ソロソロ販売開始です。
kawasc.jpegkawsc2.jpeg
納期、金額は">こちらまでお問い合わせ下さい
★キット内容:スーパーチャージャー本体、インタークーラー、コンピュータ
          ブローオフバルブ、プーリー、パイピンブ、ブラケット、ベルト、
          カップリング、ベースガスケット等

Continue reading

2005 KAWASAKI 15F日本仕様

  • Posted by: Quattro
  • 2004年12月 5日 18:31
  • KAWASAKI

今年、大人気で手に入れようと思っても手に入れられない方も多かったと思いますが来年モデルのニューカラーをこっそり載せておきます。
2005-15f.jpg
まだ、口頭では言えるものの写真は小さいですがこんな感じです。

Index of all entries

Home > KAWASAKI Archive

Search
Feeds
link

Return to page top